本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > ホビー・スポーツ・美術 > ギャンブル > 競馬
超穴馬の激走を見抜く!追走力必勝法[安井涼太]
  • Googleプレビュー

超穴馬の激走を見抜く! 追走力必勝法
安井涼太

1,870(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2018年10月23日頃
  • 著者/編集:   安井涼太
  • 出版社:   秀和システム
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  208p
  • ISBN:  9784798056036

商品説明

内容紹介(出版社より)

2015年ヴィクトリアM、18頭中18番人気で3着に激走、2070万馬券の立役者となったミナレット。18年ダービー、16番人気で3着に走り285万馬券を演出したコズミックフォース。G1や重賞などで突如大駆けする馬たち。その一方、ガチガチの1番人気を背負いながらも惨敗する馬たち。その謎を解くカギは「追走力」にあった!これまでのラップ系馬券術にはなかった「追走力」という新概念が、秋のG1・重賞戦線を勝利へ導く。追走力算出の簡単方程式も公開!
はじめに なぜ追走力なのか
1章 上がり3F前の「助走区間」に穴馬量産の秘密が!初めて明かされる「追走力」の正体
2章 穴馬も危険な人気馬もコレで弾き出す!電卓でも一発回答!「追走力」の計算
3章 なんであの馬が……二ケタ人気が爆走中!2018年重賞の追走力検証編
4章 著者にはマネできない?手練れたちの馬券を公開 追走力を使って重賞以外でも儲けよう!
5章 コース、枠順、馬場状態、ジョッキー……追走力を活用するための有効データ編
おわりに〜本当に強い馬とは
5章 【参考編】追走力を重視したい条件

内容紹介(「BOOK」データベースより)

ラップ新理論がG1・重賞のド人気薄を捕まえる!

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 上がり3F前の「助走区間」に穴馬量産の秘密が!初めて明かされる「追走力」の正体(追走力とは、競走馬の燃料タンク/追走力の有無が「なぜ、勝負を分ける」のか? ほか)/第2章 穴馬も危険な人気馬もコレで弾き出す!電卓でも一発回答!「追走力」の計算(追走力は、誰にでも簡単に求めることができる/18番人気ミナレットの好走と1番人気ヌーヴォレコルトの凡走 ほか)/第3章 なんであの馬が…二ケタ人気が爆走中!2018年重賞の追走力検証編(追走力を使ってビッグレースの馬券を当てよう!/同週に行なわれた1番人気馬の取捨(毎日杯他) ほか)/第4章 著者にはマネできない!?手練れたちの馬券を公開 追走力を使って重賞以外でも儲けよう!(hakk(@voiz0927)さんの使用方法ー追走力が上がってきた馬を狙い撃つ/たけちゃ(@taketake2009)さんの使用方法ーサブファクターとして、穴馬をピックアップ ほか)/第5章 コース、枠順、馬場状態、ジョッキー…追走力を活用するための有効データ編(追走力を使いこなすために知っておくべきこと/追走力とクラス〜上級条件こそターゲット ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

安井涼太(ヤスイリョウタ)
1988年京都府出身。関西大学商学部卒業後、関西のカリスマ予想家・赤木一騎氏が主宰するJRDBに入社。2015年から自身が代表を務めるサイト「ストライド競馬新聞」にて、オリジナルデータ満載の競馬新聞を公開している。また、ニコニコ生放送でMCを務めた番組は最高5000人を集めるなど、精力的に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー(1件)

  • 全然当たりません
    santan71814151
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2019年01月15日

    この本に書いてある指数これで勝負しました。ところが全然使い物になりません。
    内容も薄いし、上位3頭全て外れるという大失態・・・。これには金の無駄だったとしか言いようがありません。て言うか安井涼太って誰?聞いた事ない。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ