人身売買と貧困の女性化カンボジアにおける構造的暴力[島崎裕子]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会 > 犯罪

人身売買と貧困の女性化 カンボジアにおける構造的暴力
島崎 裕子

2,700円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年09月15日
  • 著者/編集:   島崎 裕子
  • 出版社:   明石書店
  • 発行形態:  単行本
  • ISBNコード:  9784750346915

商品説明

【内容情報】(出版社より)
東南アジアでは毎年20万人以上の人身売買が行われ、特にカンボジアでは、農村社会から急激に世界経済に接合したため多くの女性たちがその被害者になっている。タイとの国境地域で長年調査を続ける著者が、その実態と背景、自立に向けて苦闘する女性たちの姿を描く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 グローバル社会における人身売買/第1章 農村における人身売買被害者の実態ー脆弱世帯とは何を指すのか/第2章 国境地域における人身売買被害者の実態ー周縁の地に引きよせられる人びととは/第3章 カンボジアの近代史と農村の現状/第4章 人身売買被害者とはどういう人たちかー全体像とその類型/第5章 国境地域における外部支援のあり方/第6章 貧困からどう抜け出すか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
島〓裕子(シマザキユウコ)
早稲田大学社会科学総合学術院准教授。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係学専攻博士課程修了。博士(学術)。早稲田大学アジア太平洋研究センター助手、日本学術振興会特別研究員(PD)、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター助教を経て現職。同大学地域・地域間研究機構アジアヒューマンコミュニティ(AHC)研究員。専門:社会開発、平和学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,700円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ