わたしの城下町天守閣から見える戦後の日本(ちくま学芸文庫)[木下直之]
  • Googleプレビュー

わたしの城下町 天守閣から見える戦後の日本 (ちくま学芸文庫)
木下 直之

1,512円(税込)送料無料

【消費税率変更】税込価格表記に関するご注意

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

このバナーをご覧の方限定!100円引きクーポン

クーポン獲得はこちら
※税込み3,000円以上購入でご利用可能

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
攻防の要たる城は、明治以降、新たな価値を担い、日本人の心の拠り所として生き延びる。ホンモノ、ニセモノの城を訪ねて見た異色の日本近・現代史。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
明治を迎えて、都市の要であり幕藩体制の象徴でもあった“城”は無用の長物と化した。取り壊しを生き延びた“城”を次に待っていたのは米軍の空襲だった。失われた“城”を取り戻そうとする動きが全国の城下町で起り、鉄筋コンクリート造の天守閣が林立する。殿様がいなくなってもなお“城”は“お城”だった。日本人はなぜかくも“お城”が好きなのだろう。江戸城を発ち東海道を西へ西へと遙か遠く首里城まで、お城とお城のようなものを訪ね歩く旅。風景のあちこちに立ち現れる“お城”を考える異色の日本近・現代史にして著者の主著ついに文庫化!芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

【目次】(「BOOK」データベースより)
宮城から球場へ/和気清麻呂が見守るもの/嗚呼忠臣楠木正成に見送られ/北面の武士たち/なごやかな町/お城が欲しい/遺品の有効期限/捕らぬ古ダヌキの皮算用/双子の城/忍者だったころ/さかさまの世界/火の用心/地中の城/海上の城/ふるさと創世/Come on, Kamon no Kami!/建てて壊してまた建てて/白い城/棚橋式十弁弁擁壁/聖地移転/殿様の銅像/墓のある公園、城門のある寺/せいしょこさん/琉球住民に贈らる

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
木下直之(キノシタナオユキ)
1954年、静岡県浜松市生まれ。東京藝術大学大学院中退。兵庫県立近代美術館学芸員をへて、現在、東京大学大学院教授(人文社会系研究科文化資源学研究室)、静岡県立美術館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと10

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,512円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      人生は廻る輪のように
      人生は廻る輪のように

      エリザベス・キューブラー・ロス

      993円(税込)

    2. 2
      屍人荘の殺人
      屍人荘の殺人

      今村 昌弘

      799円(税込)

    3. 3
      黄緑のネームプレート
      黄緑のネームプレート

      赤川次郎

      691円(税込)

    4. 4
      よみがえる変態
      よみがえる変態

      星野 源

      648円(税込)

    5. 5
      アイネクライネナハトムジーク
      アイネクライネナハトムジーク

      伊坂幸太郎

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ