穏やかな死のために[石飛幸三]
  • Googleプレビュー

穏やかな死のために 終の住処 芦花ホーム物語
石飛幸三

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年11月08日
  • 著者/編集:   石飛幸三
  • 出版社:   さくら舎
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  216p
  • ISBNコード:  9784865811711

商品説明

【内容情報】(出版社より)
誰でも人間らしい平穏死を迎えることができる!

病院で無理な延命をするのではなく、老衰の果ての自然にまかせた苦しみのない「平穏死」が、人生の最期にふさわしいと、著者が2010年に提唱。以来、平穏死は、本人はもちろん、介護にあたる家族にとっても、終末期のあり方の重要なテーマになっている。本書は、それを実践し、発信している芦花ホームが、いかにして平穏死を受け入れ、家族ともども人生の終盤を実りあるものにしているかを描いている。

さらに、死を先延ばしし、治すこと中心の終末期医療のあり方についても言及。その著書『「平穏死」のすすめ』はベストセラーに。2015年には芦花ホームを取材したNHKスペシャル「老衰死 穏やかな最期を迎えるには」が大きな反響を呼ぶ。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
安らかに大往生するために!なぜ自然な老衰死ができないのか。延命治療は必要なのか。介護する家族も一緒に考えたい「平穏死」という生き方!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 芦花ホームが終の住処になるまで(白衣を着ない医者/クレーマー家族と出会う ほか)/第2章 超高齢社会の医療を問う(医療へのひたすらな過信/老衰も自然死も学んでいない医師 ほか)/第3章 豊かな老いを実現するために(なぜ介護施設に常勤医が必要なのか/常勤医の役割1 医療の仕分け ほか)/第4章 死をどう生きるか(不自然な終末期/いつかは死ぬ定め ほか)/第5章 「平穏死」に至る原点(人間の強さを教えてくれた患者さん/告知できなかった悔い ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
石飛幸三(イシトビコウゾウ)
世田谷区立特別養護老人ホーム・芦花ホーム常勤医。1935年、広島県に生まれる。慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学外科学教室に入局。ドイツのフェルディナント・ザウアーブルッフ記念病院、東京都済生会中央病院で血管外科医として勤務。2005年12月より現職。2010年に「平穏死」を提唱し、以来、人として穏やかな最期の迎え方「平穏死」を芦花ホームから発信しつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年05月13日 - 2019年05月19日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第6292位(↓) > 教育・福祉:第1437位(↓) > 福祉:第251位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと19

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,512円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ