怒らないコツ──「ゆるせない」が消える95のことば[植西聰]
  • Googleプレビュー

怒らないコツ 「ゆるせない」が消える95のことば
植西 聰

1,296円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年10月03日
  • 著者/編集:   植西 聰
  • 出版社:   自由国民社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  224p
  • ISBNコード:  9784426124809

よく一緒に購入されている商品

  • 怒らないコツ──「ゆるせない」が消える95のことば[植西聰]
  • +
  • 心とカラダを整えるおとなのための1分音読
  • 怒らないコツ 「ゆるせない」が消える95のことば
  • 植西 聰

1,296円(税込)

在庫あり

1,404円(税込)

在庫あり

合計 2,700円(税込)

閉じる

商品説明

◆本書「まえがき」より抜粋
「どういうわけか怒りっぽくなった」
「イライラしてばかりいる。そんな自分をどうにかしたい」
「ムカムカする感情を上手にコントロールできない」
最近、そのような悩み事をよく聞きます。
「怒りっぽくなった」という問題意識がある人は、もちろん、怒ることによって何かしら自分の人生に悪い影響があったということを実際に経験しているのでしょう。
たとえば、思わずカッとなって自分自身を見失い、とんでもない失敗をしてしまった、などといったことです。
イライラ、カリカリしている日々を送っているうちに、体調不良を感じるようになった、という人もいるかもしれません。
また、不用意に怒ってしまったことで、人間関係が悪化したり、周りの人たちから悪い印象で見られるようになった、という経験を持つ人もいるでしょう。
このように、「怒る」ということは、その人の人生に色々な意味で悪い影響をもたらしてしまうのです。
感情的になって怒って良いことなど、ほとんどありません。
では、「怒らないでいるためには、どうすればいいか」ということになるのですが、これがなかなか難しいのです。

しかし、「怒らないコツ」がないわけではありません。
その方法はあります。

そして、そのコツさえつかめば、今よりもずっと平穏な人生を送っていくことができるのです。
そして、人間関係も良くなり、周りの人たちと仲良くやっていけるようになります。
また、日頃のストレスもずっと軽減されるでしょう。

仏教の創始者であるブッダも、やはり「怒ってはいけない」と説きました。
そして、「怒りを静めるためには、知恵が必要だ」と述べました。
そんな「怒らないための知恵」を、できる限り幅広く取り上げたのが本書です。
「怒り」という感情は、どこから生まれてくるのでしょうか?
それは人の「心」です。
心から、怒りという感情は発せられるのです。
言い換えれば、その心のあり方を変えることができれば、ささいなことで怒らないで済むようになります。
その心のあり方を変えるために必要となるものが「知恵」なのです。
まずは、怒ることによって自分の人生には多くの災いや損が生じることに気づくことが大切です。
それに気づくこと自体が、一つの「知恵」なのです。
そして、その気づきが「怒らない生き方」への出発点になります。

(目次)
第1章 怒りは人生に災いをもたらす
第2章 良き人間関係のために、怒らない
第3章 とっさの怒りを鎮める方法とは
第4章 怒らないための生活習慣
第5章 心に余裕をもって生きる
第6章 リフレーミングによって、怒りを鎮める
第7章 メタ認知能力をアップする
第8章 コミュニケーション能力を高める
第9章 あえて争わない、言い返さない

【内容情報】(出版社より)
感情的にならずに生きたいあなたに。

45万部突破の大好評「コツ」シリーズ、最新刊出来!



◆本書「まえがき」より抜粋



「どういうわけか怒りっぽくなった」

「イライラしてばかりいる。そんな自分をどうにかしたい」

「ムカムカする感情を上手にコントロールできない」

最近、そのような悩み事をよく聞きます。

「怒りっぽくなった」という問題意識がある人は、もちろん、怒ることによって何かしら自分の人生に悪い影響があったということを実際に経験しているのでしょう。

たとえば、思わずカッとなって自分自身を見失い、とんでもない失敗をしてしまった、などといったことです。

イライラ、カリカリしている日々を送っているうちに、体調不良を感じるようになった、という人もいるかもしれません。

また、不用意に怒ってしまったことで、人間関係が悪化したり、周りの人たちから悪い印象で見られるようになった、という経験を持つ人もいるでしょう。

このように、「怒る」ということは、その人の人生に色々な意味で悪い影響をもたらしてしまうのです。

感情的になって怒って良いことなど、ほとんどありません。

では、「怒らないでいるためには、どうすればいいか」ということになるのですが、これがなかなか難しいのです。

しかし、「怒らないコツ」がないわけではありません。その方法はあります。

そして、そのコツさえつかめば、今よりもずっと平穏な人生を送っていくことができるのです。

そして、人間関係も良くなり、周りの人たちと仲良くやっていけるようになります。

また、日頃のストレスもずっと軽減されるでしょう。



仏教の創始者であるブッダも、やはり「怒ってはいけない」と説きました。

そして、「怒りを静めるためには、知恵が必要だ」と述べました。

そんな「怒らないための知恵」を、できる限り幅広く取り上げたのが本書です



「怒り」という感情は、どこから生まれてくるのでしょうか?

それは人の「心」です。心から、怒りという感情は発せられるのです。

言い換えれば、その心のあり方を変えることができれば、ささいなことで怒らないで済むようになります。

その心のあり方を変えるために必要となるものが「知恵」なのです。

まずは、怒ることによって自分の人生には多くの災いや損が生じることに気づくことが大切です。

それに気づくこと自体が、一つの「知恵」なのです。そして、その気づきが「怒らない生き方」への出発点になります。
第1章 怒りは人生に災いをもたらす

第2章 良き人間関係のために、怒らない

第3章 とっさの怒りを静める方法とは

第4章 怒らないための生活習慣

第5章 心に余裕を持って生きる

第6章 リフレーミングによって、怒りを静める

第7章 メタ認知能力をアップする

第8章 コミュニケーション能力を高める

第9章 あえて争わない、言い返さない

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あなたが怒れば怒るほど、幸せはあなたから遠ざかっていく。感情的にならずに生きたいあなたに。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 怒りは人生に災いをもたらす/第2章 良き人間関係のために、怒らない/第3章 とっさの怒りを静める方法とは/第4章 怒らないための生活習慣/第5章 心に余裕を持って生きる/第6章 リフレーミングによって、怒りを静める/第7章 メタ認知能力をアップする/第8章 コミュニケーション能力を高める/第9章 あえて争わない、言い返さない

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
植西聰(ウエニシアキラ)
心理カウンセラー。東京都出身。著述家。学習院大学卒業後、資生堂に勤務。独立後、人生論の研究に従事。独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。1995年(平成7年)、「産業カウンセラー」(労働大臣認定資格)を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 3.0

ブックスのレビュー

  • ためになった
    初心者5924
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2019年06月04日

    ゆるせないが自分たちの健康を考え、さけるようにするようにしたい。

    0人が参考になったと回答

  • 知り合いに勧められて。
    ちいパイン
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年12月05日

    短編で書かれてあり読みやすい本でした。とてもためになる内容でした。また機会あれば利用させていただきます。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,296円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ