決定版パリ五月革命私論転換点としての1968年[西川長夫]
  • Googleプレビュー

決定版 パリ五月革命 私論 転換点としての1968年
西川 長夫

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 決定版 パリ五月革命 私論 1,382円
紙書籍版 決定版 パリ五月革命 私論 1,728円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年11月12日
  • 著者/編集:   西川 長夫西川 祐子
  • 出版社:   平凡社
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  488p
  • ISBNコード:  9784582768756

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
植民地闘争からヴェトナム戦争へ、プラハの春から全共闘、そして「郊外暴動」へ。一九六八年五月にパリで起こった「革命」は、二〇世紀後半の世界史的転換点だったのではないか。それはまた、「私」の変革への希望でもあったはずだ。政府給費留学生として偶然現場に居合わせた著者は、可能な限りの情報収集に努め出来事を精力的に記録、帰国後、長い年月をかけてその意味を問いつづけた。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 六八年五月以前(そのとき世界は/ゴダールの世界)/第2章 ナンテール・ラ・フォリー(ナンテールと三月二二日運動/ナンテール分校からソルボンヌへ)/第3章 六八年五月の写真が語るもの(写真を撮るということ/前兆 ほか)/第4章 知識人の問題(六八年と知識人ー予備的考察/森有正と加藤周一ー私的回想 ほか)/第5章 六八年革命とは何であったかー四三年後に見えてきたもの、見えなくなったもの(忘却と想起の抗争/一九八九年、フランス革命二〇〇年祭と東欧革命 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
西川長夫(ニシカワナガオ)
1934年、朝鮮・平安北道江界郡生まれ。京都大学大学院博士課程修了。立命館大学名誉教授。専門は比較文化論、フランス研究。2013年、京都にて死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと9

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,728円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      生涯投資家vs生涯漫画家 世界で一番カンタンな投資とお金の話
      電子書籍生涯投資家vs生涯漫画家 世界で一番カン…

      村上世彰

      1,200円(税込)

    2. 2
      新装版 話を聞かない男、地図が読めない女
      電子書籍新装版 話を聞かない男、地図が読めない女

      アラン ピーズ

      200円(税込)

    3. 3
      妻のトリセツ
      電子書籍妻のトリセツ

      黒川伊保子

      810円(税込)

    4. 4
      キレる!(小学館新書)
      電子書籍キレる!(小学館新書)

      中野信子

      842円(税込)

    5. 5
      早わかり介護なんでも解決事典
      電子書籍早わかり介護なんでも解決事典

      梅沢 佳裕

      200円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ