報道危機
  • Googleプレビュー

報道危機 リ・ジャーナリズム論 (集英社新書)
徳山喜雄

734円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2003年06月
  • 著者/編集:   徳山喜雄
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  206p
  • ISBNコード:  9784087201970

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
九・一一事件以降、米国のマスメディアはこぞって政府よりの、アメリカ中心主義的報道に終始し、また、イラク戦争においてもジャーナリズムは米政府に巧妙に取り込まれてしまった。わが国でも、大阪・池田小学校児童殺傷事件や和歌山毒入りカレー事件などにおける集団的過熱取材で、ジャーナリズムが市民に敵視される構図が生まれており、それに乗じたかたちでメディア規制法案が浮上してきた。本来、市民の立場にたって権力と対峙するはずのジャーナリズムに、いま何が起きているのか。現場の記者が、衰退し機能不全に陥っている危機的状況への真摯な考察から、記者教育をも含めたリ(再生)・ジャーナリズムを具体的に提言していく。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 漂流する放送メディア(赤い髪飾りの女の子/「盗み撮り」とは ほか)/第2章 萎縮する活字メディア(倒錯の構図/集団的過熱取材のメカニズム ほか)/第3章 メディアの新しい潮流(関連記事を衛星のように飛ばす/蜘蛛の巣状に広がる流れ ほか)/第4章 明日のジャーナリズムのために(OJT一本槍の日本型教育/なぜサツ回りを偏重するのか ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
徳山喜雄(トクヤマヨシオ)
1958年兵庫県生まれ。朝日新聞映像本部デスク、総合研究本部研究員を経て、アエラ・フォトディレクター。東欧革命やロシア・旧ソ連諸国での冷戦体制の崩壊過程、クルド難民、エルサルバドル内戦などを取材。著書に『苦悩するロシア』(三一書房、RM文学賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 2.33

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

734円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること
      未来の地図帳 人口減少日本で各地に起き…

      河合 雅司

      928円(税込)

    2. 2
      明治維新の正体
      明治維新の正体

      鈴木荘一

      1,188円(税込)

    3. 3
      キレる!
      キレる!

      中野 信子

      842円(税込)

    4. 4
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    5. 5
      限界のタワーマンション
      限界のタワーマンション

      榊 淳司

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ