自動車カーシェアリングと自動運転という未来脱自動車保有・脱運転免許のシステムへ[仲尾謙二]
  • Googleプレビュー

自動車カーシェアリングと自動運転という未来 脱自動車保有・脱運転免許のシステムへ
仲尾謙二

3,240円(税込)送料無料

【消費税率変更】税込価格表記に関するご注意

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年09月
  • 著者/編集:   仲尾謙二
  • 出版社:   生活書院
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  285p
  • ISBNコード:  9784865000863

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
これからの自動車利用のあり方を見通すための「手がかり」とは…。「自動車保有」に対して、大きな転換を示唆するカーシェアリングと、「運転免許制度」を転換させる可能性としての「自動運転技術」。この時代にカーシェアリングから学べることと、自動運転に期待されることを詳述し、自動車の未来を展望する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 カーシェアリングとはー脱自動車保有のかたち(カーシェアリングの誕生と普及/カーシェアリングの利用実態について ほか)/第2部 自家用車というしくみの発生(自動車保有と運転免許/事業所と自動車の普及 ほか)/第3部 カーシェアリングがもたらしたもの(カーシェアリングの効用ーカーシェアリングがもたらしたもの/自動車の機能と効用とカーシェアリング利用 ほか)/第4部 自動車の効用を組み込んだ交通政策の方法ー自動運転に期待されること、危惧されること(自動運転によりもたらされること/移動に困難をともなう者にとっての自動車利用 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
仲尾謙二(ナカオケンジ)
1963年生まれ。京都府立大学文学部国文学・中国文学科卒業、2015年3月立命館大学大学院先端総合学術研究科単位取得後満期退学。博士(学術)。1987年京都府入庁、自動車税管理事務所、農村振興課等勤務。総務省近畿総合通信局、京都府環境政策課、交通政策課等勤務を経て2018年京都府退職。現在、立命館大学生存学研究センター客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

3,240円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ