第161回 芥川賞・直木賞決定!
寺社が語る秦氏の正体[関裕二]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

寺社が語る 秦氏の正体
関裕二

928円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年10月31日
  • 著者/編集:   関裕二
  • 出版社:   祥伝社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  272p
  • ISBNコード:  9784396115531

商品説明

【内容情報】(出版社より)
寺社が語る 秦氏の正体

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
渡来氏族・秦氏は、大陸の技術をもたらして栄えると、日本の宗教文化の形成に大きな足跡を残した。神社でいちばん数が多いとされるお稲荷さん、次に多い八幡社は、いずれも秦氏と関係が深い。ところが秦氏の経歴は、謎の多い古代氏族の中でも、とくにわかっていない。聖徳太子に寵愛されたという秦河勝は、のちに播磨国坂越まで逃げ、現地で亡くなったと伝わる。彼はなぜ本拠地の京都に戻らなかったのか。また秦氏の末裔でもある世阿弥は、『風姿課伝』に「秦河勝は鬼」と書いている。これは何を意味するのか。本書は、隆盛をきわめたはずの秦氏が正史から消された理由を大胆に推理、日本古代史最大の暗部に迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本はお稲荷さんと八幡神社だらけという不思議(神社に集う男と女/京都の神社は渡来系ばかり? ほか)/第2章 太秦広隆寺と祟る秦氏の謎(聖徳太子と秦氏を結ぶ京都最古の寺/広隆寺にユダヤの痕跡が隠されている? ほか)/第3章 日本文化の基層をつくった渡来氏族=秦氏(没落する秦氏/「幡」と「秦」 ほか)/第4章 秦河勝の聖者殺し(蘇我入鹿も祟っていた/『日本書紀』に書かれた壮大な絵空事 ほか)/第5章 権力を捨てた秦氏が日本に残したもの(荒ぶる仏法の守護神となった秦河勝/新羅から来た神 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
関裕二(セキユウジ)
1959年、千葉県生まれ。歴史作家。日本古代史を中心にユニークな視点から執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

928円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く
      【予約】日本への警告 米中朝鮮半島の激…

      ロジャーズ ジム

      972円(税込)

    2. 2
      日本のミカタ
      日本のミカタ

      950円(税込)

    3. 3
      人間の本性
      人間の本性

      丹羽宇一郎

      864円(税込)

    4. 4
      「家族の幸せ」の経済学
      「家族の幸せ」の経済学

      山口慎太郎

      885円(税込)

    5. 5
      【予約】晩節の研究
      【予約】晩節の研究

      河合敦

      950円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ