なぜわれわれは外来生物を受け入れる必要があるのか[クリス・D・トマス]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 生物学

なぜわれわれは外来生物を受け入れる必要があるのか
クリス・D・トマス

2,592円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
現代は人間による生物絶滅時代だといわれる。一方で人間社会から利益を得て、おどろくほど多くの新しい種が生まれ、適応している。外来種や雑種もそのひとつだ。進化生物学の大家が世界をめぐって見えた、生物多様性の「真実」。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
外来生物から生まれる新たな進化の時代。「世界の大部分の地域で生物多様性が増し、新たな種が形成される速度はおそらく地球史上最高のレベルに達している。自然は人間の時代に驚くほどうまく対処している」外来生物の排除に生態学の立場から異を唱えた話題の書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 絶滅時代?(序文 勝者と敗者/チャンスを生かす)/第2部 4つの変化(大型哺乳類の減少/人間が変えた生息環境/気候変動と生物の移動/加速する移動)/第3部 大進化(世界を受け継ぐもの/急速な進化/生物のグローバル化/雑種の形成)/第4部 新たな世界(人類も自然の一部/新しい自然保護のかたち/おわりに 100万年後の世界)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
トマス,クリス・D.(Thomas,Chris D.)(トマス,クリスD.)
1959年生まれ。英国ヨーク大学の生態学者・進化生物学者。英国学士院の特別会員。ロンドン動物学会のサイエンティフィック・メダル、イギリス生代学会の会長メダル、保全生物学の分野と気候変動に関する研究でマーシュ・アワードを受賞した。『なぜわれわれは外来生物を受け入れる必要があるのか』は初めての著書である

上原ゆうこ(ウエハラユウコ)
神戸大学農学部卒業。農業関係の研究員を経て翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,592円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      成功する人が磨き上げている超直感力
      成功する人が磨き上げている超直感力

      八木 龍平

      1,512円(税込)

    2. 2
      生き物の死にざま
      生き物の死にざま

      稲垣 栄洋

      1,512円(税込)

    3. 3
      東大の先生!文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!
      東大の先生!文系の私に超わかりやすく数…

      西成 活裕

      1,620円(税込)

    4. 4
      街角図鑑
      街角図鑑

      三土たつお

      1,620円(税込)

    5. 5
      モダンリビングNo.246 × 「john masters organics」 シャンプー&コンディショナー 特別セット
      モダンリビングNo.246 × 「john masters…

      ハースト婦人画報社

      2,138円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ