宗教はなぜ人を殺すのか平和・救済・慈悲・戦争の原理[正木晃]
  • Googleプレビュー

宗教はなぜ人を殺すのか 平和・救済・慈悲・戦争の原理
正木晃

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年12月06日
  • 著者/編集:   正木晃
  • 出版社:   さくら舎
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  248p
  • ISBNコード:  9784865811759

商品説明

【内容情報】(出版社より)
宗教の本質がわかると、戦争と紛争が絶えない世界がわかる!

平和、愛、慈悲などをうたい、人を救うのは宗教である。だが同時に、暴力やテロ、殺人を犯すのも宗教である。一向一揆、十字軍など、洋の東西、時代を問わず、宗教は戦い、人を殺してきた。平和、愛、慈悲をうたう宗教が暴力と縁が切れないのはなぜか。宗教はやむなく戦い、人を殺してきたのか。それとも宗教のなかに暴力や殺人を肯定する論理や構造があるのか。宗教学者がイスラム教、ユダヤ教、キリスト教、仏教を横断的に考察し、知られざる宗教の実像に迫る!

【本書で扱う事例】
▼神とモーセによる暴力に満ちた『旧約聖書』
▼「多神教徒は殺してしまうがよい」と定めるイスラム教
▼ヒトラー暗殺計画に加担した高潔なキリスト教神学者
▼「空」の理論が殺人肯定を導く仏教 など

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
宗教の本質がわかると戦争・紛争が絶えない世界がわかる!邪宗徒は殺してよい、正法を守るための殺人は功徳、異教徒の死は神の栄光…慈悲と救済をうたう宗教の知られざる実像に迫る!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 イスラム教ー宗教の名のもとに戦う(「聖典」とは何か/聖典が少ないセム型一神教、聖典が多い仏教 ほか)/第2章 ユダヤ教ー暴虐に満ちた『旧約聖書』の世界(キリスト教、イスラム教に組み込まれたユダヤ教/「創世記」に記された最初の殺人 ほか)/第3章 キリスト教ー暴力を容認してきた愛の宗教(福音書は直接の目撃譚ではない/開祖イエスは暴力を徹底否定した ほか)/第4章 仏教ー「空」がもたらす殺人肯定(開祖ブッダは徹底的に暴力を否定/社会との絆を断つことを求める仏教 ほか)/終章 宗教の陥穽(聖典の重要性/モーセとムハンマドーセム型一神教の理想的な指導者 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
正木晃(マサキアキラ)
1953年、神奈川県に生まれる。宗教学者。筑波大学大学院博士課程修了。国際日本文化研究センター客員助教授などを経て、慶應義塾大学非常勤講師。専門は宗教学、特に日本密教・チベット密教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年05月13日 - 2019年05月19日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第-位( - ) > 宗教・倫理:第1367位(↑) > その他:第155位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ