ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他

除染と国家 21世紀最悪の公共事業 (集英社新書)
日野 行介

946(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2018年11月16日頃
  • 著者/編集:   日野 行介
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  256p
  • ISBN:  9784087210576

よく一緒に購入されている商品

  • 除染と国家21世紀最悪の公共事業(集英社新書)[日野行介]
  • +
  • 地図から消される街3.11後の「言ってはいけない真実」(講談社現代新書)[青木美希]
  • 除染と国家 21世紀最悪の公共事業 (集英社新書)
  • 日野 行介

946円(税込)

在庫あり

合計 1,958円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介

◆推薦◆

「何というスリリングな取材記録か。

除染にまつわる官僚、学者たちの密議に

突っ込んでいく格闘技をみた思いだ。


除染と汚染土の再利用。

原発事故をなかったことにする

官・学の壮大な偽装行為のリアルが暴かれた。


きれいは汚い。汚いはきれい。

「除染」はこの国のありようの壮大な暗喩である。」

金平茂紀(TVキャスター)


◆内容紹介◆

「日本のためお国のために

我慢しろと言えないといけない」環境省官僚


政府の内部文書をもとに官僚、学者を直撃取材

福島第一原発事故・除染のウソを暴く!


2011年の東京電力福島第一原発事故に伴う放射能汚染対策の実態を知ることは、国家の信用と民主主義の基盤が破壊された現実を直視することである。


対策の柱となった「除染」は、この事故を一方的に幕引きする武器となった。著者は、環境省の非公開会合の記録を入手。本書はこれをもとに、官僚、学者に直撃取材を行い、為政者の真意を暴いた。 


森友・加計学園問題、陸上自衛隊の日報隠蔽問題、裁量労働制に関する厚生労働省のデータ問題、それらに伴う説明責任の放棄、公文書の意図的な未作成、果ては改竄まで……。

原発事故の幕引きを急ぐ国策はパンドラの箱を開け、この国の民主主義を壊した。


◆目次◆

序 章 除染幻想ー壊れた国家の信用と民主主義の基盤

第一章 被災者に転嫁される責任ー汚染土はいつまで仮置きなのか

第二章 「除染先進地」伊達市の欺瞞

第三章 底なしの無責任ー汚染土再利用(1)

第四章 議事録から消えた発言ー汚染土再利用(2)

第五章 誰のため、何のための除染だったのか

第六章 指定廃棄物の行方

あとがき 原発事故が壊したもの


◆著者略歴◆

日野 行介(ひの・こうすけ)

1975年生まれ。毎日新聞記者。九州大学法学部卒。1999年毎日新聞社入社。大津支局、福井支局敦賀駐在、大阪社会部、東京社会部、特別報道グループ記者を経て、水戸支局次長。福島県民健康管理調査の「秘密会」問題や復興庁参事官による「暴言ツイッター」等多くの特報に関わる。 著書に『福島原発事故 県民健康管理調査の闇』『福島原発事故 被災者支援政策の欺瞞』(いずれも岩波新書)、『原発棄民 フクシマ5年後の真実』(毎日新聞出版)等。

内容紹介(出版社より)

福島第一原発事故後に数兆の予算を投じられ行われた除染作業。その効果は怪しいままに避難住民の支援は打切られ帰郷を促されている。その背後の国家ぐるみの行政の欺瞞の実態を第一線の記者が告発。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

二〇一一年の東京電力福島第一原発事故に伴う放射能汚染対策の実態を知ることは、国家の信用と民主主義の基盤が破壊された現実を直視することである。対策の柱となった「除染」は、この事故を一方的に幕引きする武器となった。著者は、環境省の非公開会合の記録を入手。本書はこれをもとに、官僚、学者に直撃取材を行い、為政者の真意を暴いた。森友・加計学園問題、陸上自衛隊の日報隠蔽問題、裁量労働制に関する厚生労働省のデータ問題、それらに伴う説明責任の放棄、公文書の意図的な未作成、果ては改竄まで…。この数年間国政を揺るがした諸問題は3・11に付随する問題と同根なのである。

目次(「BOOK」データベースより)

序章 除染幻想ー壊れた国家の信用と民主主義の基盤/第1章 被災者に転嫁される責任ー汚染土はいつまで仮置きなのか/第2章 「除染先進地」伊達市の欺瞞/第3章 底なしの無責任ー汚染土再利用1/第4章 議事録から消えた発言ー汚染土再利用2/第5章 誰のため、何のための除染だったのか/第6章 指定廃棄物の行方

著者情報(「BOOK」データベースより)

日野行介(ヒノコウスケ)
1975年生まれ。毎日新聞記者。九州大学法学部卒。1999年毎日新聞社入社。大津支局、福井支局敦賀駐在、大阪社会部、東京社会部、特別報道グループ記者を経て、水戸支局次長。福島県民健康管理調査の「秘密会」問題や復興庁参事官による暴言ツイッター等多くの特報に関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー(1件)

  • 原発を止めるしかない
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2020年01月26日

    税金を投入し、作業員を危険な目にあわせながら除染したにも関わらず、除染したからとリスクゼロではない。その土を全国の公共事業に使うそうです。除染土を放置していた保育園では園児が短期間に2人が白血病に。
    チェルノブイリでは除染は諦め広範囲で立ち入り禁止にし、住民を避難させました。日本は被爆した土地を丸々捨てることはできません。どちらにしても原発はやめろということでしょうね。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】小説ディズニー ツイステッドワンダーランド EPISODE1 真紅の暴君
      【予約】小説ディズニー ツイステッドワ…

      日置じゅん

      1,650円(税込)

    2. 2
      ヒトの壁
      ヒトの壁

      養老 孟司

      858円(税込)

    3. 3
      70歳が老化の分かれ道
      70歳が老化の分かれ道

      和田秀樹

      1,100円(税込)

    4. 4
      新書737 寂聴 九十七歳の遺言
      新書737 寂聴 九十七歳の遺言

      瀬戸内寂聴

      825円(税込)

    5. 5
      性(セックス)と宗教
      性(セックス)と宗教

      島田 裕巳

      968円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ