データ分析ライブラリーを用いた最適化モデルの作り方(Pythonによる問題解決シリーズ)[斉藤努]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 数学

データ分析ライブラリーを用いた最適化モデルの作り方 (Pythonによる 問題解決シリーズ 1)
斉藤 努

3,456円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 データ分析ライブラリーを用いた最適化モデルの作り方 3,456円
紙書籍版 データ分析ライブラリーを用いた最適化モデルの作り方 3,456円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
<big><strong>最適化モデルが作れる!</big></strong>
本シリーズは、「実践」という観点から、Pythonを用いて様々なテーマの問題解決を行うための手法を、気鋭の執筆陣が解説する。
第一弾ある本書は、Pythonのデータ分析ライブラリーと最適化ライブラリーを組み合わせることで、シンプルでわかりやすい最適化モデルの作成方法を学ぶことを目的とする。サンプルプログラムをダウンロードし、実際に手を動かしながら学ぶことができる。
Pythonで最適化モデルを構築する読者には必読の書である。
1.最適化とは
2.環境構築
3.Jupyter Notebookの使い方
4.PuLP の使い方(最適化モデル)
5.pandas の使い方(変数表)
6.NetworkX の使い方(グラフ)
7.モデルの作り方(基本)
8.モデルの作り方(応用)
9.最適化アラカルト
付録:A.最適化のアルゴリズム/B.典型的な最適化問題

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 最適化とは/第2章 Pythonで最適化を解くための環境構築/第3章 Jupyter Notebookの使い方/第4章 PuLPの使い方:最適化モデルを作る/第5章 pandasの使い方:変数表を作る/第6章 NetworkXの使い方:グラフを作る/第7章 モデルの作り方(基本)/第8章 モデルの作り方(応用)/第9章 最適化アラカルト/付録A 最適化のアルゴリズム/付録B 典型的な最適化問題

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
斉藤努(サイトウツトム)
1989年東京工業大学理学部情報科学科卒業。1991年東京工業大学大学院理工学研究科情報科学専攻修士課程修了、理学修士。2002年技術士(情報工学)登録。2018年9月〜2019年3月成蹊大学客員研究員。現在、(株)ビープラウドITコンサルタント(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年05月13日 - 2019年05月19日)

     :第-位( - ) > 科学・技術:第3579位(↑) > 数学:第738位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと6

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,456円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ