本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 歴史 > 日本史
甦る古代日本の原典秀真伝[千葉富三]
  • Googleプレビュー

甦る古代 日本の原典 秀真伝
千葉 富三

1,650(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2018年12月17日頃
  • 著者/編集:   千葉 富三
  • 出版社:   明窓出版
  • 発行形態:  単行本
  • ISBN:  9784896343922

商品説明

内容紹介(出版社より)

その解釈について長年議論が行われている、日本固有のホツマ文字でつづられた『秀真伝(ホツマツタヱ)』。

本書では、暦に関する考察、歌謡への注視、古事記・日本書紀との比較検証など、
著者独自の視点で秀真伝を読み解き、記紀の矛盾を浮き彫りにし、秀真伝の「正史」としての真実性を実証。
丁寧に組み立てられつつも、浪漫あふれる鮮やかな筆致は、豊かな縄文・弥生の息吹を体感させ、日本史ファンならずともすべての読者を魅了する。

「古代日本に文字と暦があった!」「天照神は男性だった!」「柿本人麻呂は秀真伝を知っていた!」など、これまでの日本史を覆す驚愕の新事実。

記紀編さん1300年のいま、我々を二千年の呪縛から解き放ち先史時代の書き換えを迫る。



第1編 歌謡
『秀真伝』原典の証 『記紀』“ぎなた読み”
“呪縛二千年”未だに頑“学界の権威”
「一音一字」が『記紀』では「一音多字」
『紀』の誤訳・欠落、『秀真伝』原典の証明
『記』の「時代と当事者」に“内部矛盾”
『記紀』との「共通歌」に「原典」を探る

第2編 本文
古事記は音訓交じり漢文調、日本書紀は漢文
和歌の五七調は理解されていなかった!?
人麻呂の定型歌の「創始歌」は“不定型”
『記紀』の“呪縛千三百年”いま、解く
建国の中柱「三つの壺」、『記紀』は無視
『原典』瞭然 間蹴るにして拡張高い韻文

第3編 太占 天地歌 秀真文字
「太占」『記紀』は“鹿野肩骨を焼いて”
元元神を中心に「言霊」四十八神が配座
天並八神(8)×三十二神(16)=128通り
「大和言葉」五七調・四十八音の天地歌
究極の“象形・表意・表音”「秀真文字」
秀真文字“八素綾織込”「四十八音図」

第4編 補録
『日本書紀』の謎「一百七十九万二千四百何十余歳」も
『秀真伝』の「モモナソコヨロフチヨモモナソネ」で解く
万葉和歌との一語一音の違いをたどる秀真伝「原典」の検証
「まほろば」は、古事記の誤読・誤訳の“新造語”
漢字渡来に消された「秀真文字」「大和言葉」-二千年の蘇り
古事記・日本書紀ー原資料は秀真伝であった
(*一部抜粋)

内容紹介(「BOOK」データベースより)

古代日本に文字と暦があった!国造りに和と真、神は人、天照神は男性であった!記紀1300年のいま…縄文・弥生ー先史時代の書き換えを迫る衝撃の一書。

目次(「BOOK」データベースより)

第1編 歌謡(『記』の「八雲立つ」は「出雲」の「枕詞」/『紀』“弥雲立つ”は勢いのある「讃詞」 ほか)/第2編 本文(『紀』は謎「一百七十九万二千四百七十余歳」/『秀真伝』は「百七十九万二千四百七十穂」 ほか)/第3編 太占 天地歌 秀真文字 三笠書(「太占」『記紀』は“鹿の肩骨を焼いて”/元元神を中心に「言霊」四十八神が配座 ほか)/第4編 補録(皇祖天照神の生誕三千三百年/柿本人麻呂は秀真伝を知っていた ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

千葉富三(チバトミゾウ)
昭和8年(1933)岩手県生まれ。平成3年(1991)遠野市職員退職。1986年自治体学会設立に参画、運営委員、代表運営委員、顧問(現)、名誉会員。1990年株式会社リンデンバウム遠野設立発起人、専務、社長、顧問(現)。2001年アラハバキ学会設立発起人、会長、顧問(現)。2010年盛岡ほつまの会設立、顧問(現)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ