現在地
トップ >  > 新書 > ビジネス・経済・就職
お金の流れで読む日本と世界の未来世界的投資家は予見する(PHP新書)[ジム・ロジャーズ]
  • Googleプレビュー

お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する (PHP新書)
ジム・ロジャーズ

1,012(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • お金の流れで読む日本と世界の未来世界的投資家は予見する(PHP新書)[ジム・ロジャーズ]
  • +
  • FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣[ハンス・ロスリング]
  • お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する (PHP新書)
  • ジム・ロジャーズ

1,012円(税込)

在庫あり

合計 2,992円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
【発売前重版決定! 世界同時株安も予見していた「投資の神様」が
日本と世界の経済のゆくえを占う】

ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称されるジム・ロジャーズ。

ソロスと設立した「クォンタム・ファンド」は、10年で2400パーセントという驚異のリターンを叩き出し、伝説となった。

本書は、そんな「投資の神さま」ジム・ロジャーズが、初めて日本の読者に向けて語り下ろした1冊である。


伝説の投資家の目に、日本と東アジア経済の未来はどう映るのか。じつは、本書の取材を敢行した2018年夏の時点で、ロジャーズは「日米マーケットの好景気はうわべだけ。近いうちに破綻が訪れる」と断言していた。

2018年12月末に、その予言はある意味現実となった。「リーマンショック級」の株安が日米のマーケットを襲ったのだ。


ロジャーズはほかにも、リーマンショック、中国の台頭、トランプ当選、北朝鮮開国に至るまで、これまで数多くの「予言」を的中させてきた。

名門イエール大学、オックスフォード大学で歴史学を修めたロジャーズは、「私の投資の背骨には歴史がある」と述べる。歴史から大きな「お金の流れ」を掴むことで、数々の予測を的中させてきたというのだ。

このあと、お金の流れはどう動くのか?本書では、世界史を参照しつつ、短期・長期両方の視点から、日中韓の将来を鮮やかに論じる。

日本再興への道、朝鮮半島に訪れる刺激的で劇的な未来、中国のアキレス腱……「アジアの玄関口」シンガポールから世界を見つめる投資家の慧眼に映る、驚愕の未来予測。



序章 風はアジアから吹いているーーただし、その風には「強弱」がある

第1章 大いなる可能性を秘めた日本

第2章 朝鮮半島はこれから「世界で最も刺激的な場所」になる

第3章 中国ーー世界の覇権国に最も近い国

第4章 アジアを取り囲む大国たちーーアメリカ・ロシア・インド

第5章 大変化の波に乗り遅れるな

第6章 未来のお金と経済の形

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称される著者。彼はこれまで、その独自の投資眼からリーマンショック、トランプ当選、北朝鮮開国に至るまで、数多くの「予言」を的中させてきた。そんな伝説の投資家は、日本と東アジア経済の未来をどう見るのか。「5年後、アジアで1番幸せな国はどこか?」をテーマに、日中韓の将来を「お金の流れ」から鮮やかに読みとく。日本再興への道、朝鮮半島に訪れる刺激的で劇的な未来、中国のアキレス腱…「アジアの玄関口」シンガポールから世界を見つめる投資家の慧眼に映る、驚愕の未来予測。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 風はアジアから吹いているーただし、その風には「強弱」がある/第1章 大いなる可能性を秘めた日本/第2章 朝鮮半島はこれから「世界で最も刺激的な場所」になる/第3章 中国ー世界の覇権国に最も近い国/第4章 アジアを取り囲む大国たちーアメリカ・ロシア・インド/第5章 大変化の波に乗り遅れるな/第6章 未来のお金と経済の形

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ロジャーズ,ジム(Rogers,Jim)
名門イエール大学とオックスフォード大学で歴史学を修めたのち、ウォール街へ。ジョージ・ソロスと共にクォンタム・ファンドを設立、10年で4200パーセントという驚異のリターンを叩き出し、伝説に。37歳で引退後はコロンビア大学で金融論の教授を一時期務め、またテレビやラジオのコメンテーターとして世界中で活躍していた。2007年、来るアジアの世紀を見越して家族でシンガポールに移住

大野和基(オオノカズモト)
1955年、兵庫県生まれ。大阪府立北野高校、東京外国語大学英米学科卒業。1979〜97年在米。コーネル大学で化学、ニューヨーク医科大学で基礎医学を学ぶ。その後、現地でジャーナリストとしての活動を開始、国際情勢の裏側、医療問題から経済まで幅広い分野の取材・執筆を行なう。1997年に帰国後も取材のため、頻繁に渡航。アメリカの最新事情に精通している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(78件)

総合評価
 3.51

ブックスのレビュー

  • 先見性
    しらっきー777
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2019年08月11日

    いかに世界を見るのか勉強になります。やっぱりアジアですよね。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2019年01月31日

    ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称されるジム・ロジャーズのインタビュー本です。とても簡潔にまとめられていて、読みやすかったです。欧米から見た東アジアの未来に興味がありましたがちょっと日本に悲観的すぎるのではと思いました。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2019年04月13日

    お金が唸っている人たちが、アジア内の次の投資先として何を考えているかが分かります。
    グローバルマネーを動かす人たちには、グローバリゼーションで世界中に投資規制がなくなることが何よりも大切で、それがさらに彼らのお金を増やす原動力であることもよく分かります。
    ただ、結論は正しいのでしょうが、ちょっと簡単に書き過ぎかなという印象も。
    日本観は適切でした。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年05月03日 - 2021年05月09日)

     :第-位( - ) > 新書:第2180位(↑) > ビジネス・経済・就職:第146位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと21

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      京大 おどろきのウイルス学講義
      京大 おどろきのウイルス学講義

      宮沢 孝幸

      1,023円(税込)

    2. 2
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    3. 3
      安いニッポン 「価格」が示す停滞
      安いニッポン 「価格」が示す停滞

      中藤 玲

      935円(税込)

    4. 4
      人新世の「資本論」
      人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    5. 5
      在宅ひとり死のススメ
      在宅ひとり死のススメ

      上野 千鶴子

      880円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ