週刊ダイヤモンド 2018年 12/15 号 [雑誌] (日産 最悪シナリオ)
ダイヤモンド社

709円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この雑誌の他の号を見る

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 週刊ダイヤモンド 18年12月15日号 690円
紙書籍版 週刊ダイヤモンド 2018年 12/15 号 [雑誌] (日産 最悪シナリオ) 709円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年12月10日
  • 出版社:  ダイヤモンド社
  • サイズ:  A4変
  • 楽天ブックス雑誌コード:  20241
  • JANコード:  4910202431280

商品説明

「日産 最悪シナリオ」
カルロス・ゴーン氏の解任劇の裏には、まだ報じられていない新事実があった!
日産自動車の経営陣が大きな賭けを仕掛けた背景には、ゴーン氏らの不正問題、仏ルノー乗っ取り以上に深刻な日産の闇がある。

そして、ゴーンなき日産の未来はどこまでも暗い。日産を待ち受ける4つの最悪シナリオを徹底検証した。
シナリオ1-統治不全
ポスト・ゴーン体制の人材枯渇
シナリオ2-本業不振
自動車世界一からの脱落
シナリオ3-提携頓挫
ルノーとの虚業のシナジー効果を暴く
シナリオ4-司法地獄
ゴーン無罪、上場廃止リスク





【特集】日産 最悪シナリオ

「Part 1」4つの最悪シナリオで検証 日産「終わり」の始まり
最悪シナリオ(1) 統治不全 ポスト・ゴーンの人材枯渇
新事実発覚! ゴーン解任劇の動機は西川社長のクビだった
(Column)全ては株主ルノー、ゴーン氏のために! 配当金+株収入は1兆円超え 日産搾取のカラクリ
最悪シナリオ(2) 本業不振 自動車世界一からの脱落
1000万台でもビッグ3にかなわず 規模拡大至上主義の終焉
最悪シナリオ(3) 提携頓挫 ルノー・三菱自 3社連合の内部崩壊
独自試算でゴーン氏通信簿を徹底検証 虚構のシナジー効果を暴く
最悪シナリオ(4) 司法地獄 ゴーン無罪、上場廃止リスク
国際世論をも利用するゴーン氏の逆襲 全面戦争で日産が浴びる返り血
過去の虚偽記載事件では前例あり 「上場廃止」リスクの現実度

「Part 2」BACK to 1999 ゴーン経営の功罪 危機の源流は?
カルロス・ゴーンとは何者か
鉄鋼再編、サプライヤー自立を促した ゴーン・ショックの歴史的評価
権力維持装置と化した ゴーン流人事&報酬の歪み
グローバル製造業年収格差ランキング 報酬上乗せ前でも日産は4位
国内報道では読むことができない 知られざる海外メディアの辛辣論調
横行する検察リーク 海外で批判高まれば日産にとって致命傷
ウォール・ストリート・ジャーナル発 【社説】ゴーン氏取り調べの不可解さ 逮捕劇と日産会長解任がはらむ危険


【特集2】偏差値では語れない名門
華麗なる「御曹司大学」のヒミツ


【News】
(1)Inside 米中貿易協議開始も難航は必至 市場にかかる暗雲は晴れず
(2)Inside 節税、外貨建て保険に是正指導 金融庁が生保に怒りの鉄槌
(3)Inside ゴーン氏のカネ疑惑が飛び火 新生銀のお粗末な?亡霊案件"
(人事天命) 神奈川県立病院機構
(短答直入) シャオウェン・ホン●マイクロソフトリサーチアジア所長

「World Scope」
(from 米国) どこでも乗り捨て可能の2人乗り電動スクーター 仕掛け人はフランス企業●長野美穂
(from 欧州) ロシアの脅威に対抗して「真の欧州軍」設立を模索 米国依存から脱却できるか●竹下誠二郎

「Market」
(株式市場 透視眼鏡) 海外投資家の売りが出た国際優良銘柄に投資妙味●居林 通
(金融市場 異論百出) 現代グローバル企業が直面する「関税エンジニアリング」時代●加藤 出

「Data」
(数字は語る) 31.4% イタリア国債の海外投資家保有比率(2018年6月)●長井滋人


「ダイヤモンド・オンライン発」
ゴーン氏逮捕でフランス社会から見える、日本の「集団手のひら返し」


【人物】
(イノベーターの育ち方) 編集長インタビュー 中村 翼●CARTIVATORプロジェクトリーダー
(ものつくるひと) リッチ・マホーニー●サイズミック(Seismic)共同創業者・CEO
「パワード・クロージング」


【企業・産業】
(財務で会社を読む) ニッポン株式会社
筋肉質な収益体質を築いた今
投資や賃上げに踏み込めるか

、他

【内容紹介】
「日産 最悪シナリオ」
カルロス・ゴーン氏の解任劇の裏には、まだ報じられていない新事実があった!
日産自動車の経営陣が大きな賭けを仕掛けた背景には、ゴーン氏らの不正問題、
仏ルノー乗っ取り以上に深刻な日産の闇がある。
そして、ゴーンなき日産の未来はどこまでも暗い。日産を待ち受ける4つの最悪シナリオを徹底検証した。
シナリオ(1)-統治不全
ポスト・ゴーン体制の人材枯渇
シナリオ(2)-本業不振
自動車世界一からの脱落
シナリオ(3)-提携頓挫
ルノーとの虚業のシナジー効果を暴く
シナリオ(4)-司法地獄
ゴーン無罪、上場廃止リスク



【特集】日産 最悪シナリオ

「Part 1」4つの最悪シナリオで検証 日産「終わり」の始まり
最悪シナリオ(1) 統治不全 ポスト・ゴーンの人材枯渇
新事実発覚! ゴーン解任劇の動機は西川社長のクビだった
(Column)全ては株主ルノー、ゴーン氏のために! 配当金+株収入は1兆円超え 日産搾取のカラクリ
最悪シナリオ(2) 本業不振 自動車世界一からの脱落
1000万台でもビッグ3にかなわず 規模拡大至上主義の終焉
最悪シナリオ(3) 提携頓挫 ルノー・三菱自 3社連合の内部崩壊
独自試算でゴーン氏通信簿を徹底検証 虚構のシナジー効果を暴く
最悪シナリオ(4) 司法地獄 ゴーン無罪、上場廃止リスク
国際世論をも利用するゴーン氏の逆襲 全面戦争で日産が浴びる返り血
過去の虚偽記載事件では前例あり 「上場廃止」リスクの現実度

「Part 2」BACK to 1999 ゴーン経営の功罪 危機の源流は?
カルロス・ゴーンとは何者か
鉄鋼再編、サプライヤー自立を促した ゴーン・ショックの歴史的評価
権力維持装置と化した ゴーン流人事&報酬の歪み
グローバル製造業年収格差ランキング 報酬上乗せ前でも日産は4位
国内報道では読むことができない 知られざる海外メディアの辛辣論調
横行する検察リーク 海外で批判高まれば日産にとって致命傷
ウォール・ストリート・ジャーナル発 【社説】ゴーン氏取り調べの不可解さ 逮捕劇と日産会長解任がはらむ危険


【特集2】偏差値では語れない名門
華麗なる「御曹司大学」のヒミツ
ほか

商品レビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

709円(税込)

送料無料

個数 

この雑誌の定期購読by Fujisan.co.jp

週刊ダイヤモンド

最大57%OFF 送料無料

1冊価格: 308円(税込)

定期購読なら全品ポイント3倍!

※別ページに移動します
※価格は変更される場合があります

Fujisan.co.jp

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・投資

    ※1時間ごとに更新

    このページの先頭へ