分家の始末下り酒一番(二)(講談社文庫)[千野隆司]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

分家の始末 下り酒一番(二) (講談社文庫)
千野 隆司

726円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 分家の始末 下り酒一番(二) 726円
紙書籍版 分家の始末 下り酒一番(二) 726円

商品基本情報

  • 発売日:  2019年01月16日頃
  • 著者/編集:   千野 隆司
  • レーベル:   講談社文庫
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  304p
  • ISBNコード:  9784065143353

商品説明

【内容情報】(出版社より)
芝浜松町にある酒問屋武蔵屋の分家は、次男次郎兵衛に任されている。だが辛抱が足りず見栄っ張りで、困ると本家の母親お丹に泣きつくばかり。旗本御用達を餌に借金の保証人となるが、それが月々ふくれあがっていた。妾腹三男で主にはなれない手代の卯吉は、新酒「稲飛」の販売を任され奮闘していたが、義母のお丹は、卯吉の新酒買い付け代金を次郎兵衛の借金返済に充てようとする。分家の不始末を押しつけられた卯吉は、どうする?

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
武蔵屋分家の小売り酒屋を任されている次兄次郎兵衛は見栄っ張り。旗本御用達になれる甘言に乗り、つぶれかけた酒屋の借金の保証人になってしまった。月々ふくらむ法外な利息。妾腹三男の手代卯吉は、新酒「稲飛」の売り出しに奔走していたが、その支払金を次郎兵衛の借金に充てることになり!?

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
千野隆司(チノタカシ)
1951年東京都生まれ。國學院大學文学部卒。’90年「夜の道行」で小説推理新人賞を受賞。時代小説のシリーズを多数手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと9

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

726円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      草花たちの静かな誓い
      草花たちの静かな誓い

      宮本 輝

      946円(税込)

    2. 2
      ラストレター
      ラストレター

      岩井 俊二

      682円(税込)

    3. 3
      自分の中に毒を持て<新装版>
      自分の中に毒を持て<新装版>

      岡本太郎

      814円(税込)

    4. 4
      垂れ込み 警視庁追跡捜査係
      垂れ込み 警視庁追跡捜査係

      堂場瞬一

      836円(税込)

    5. 5
      烙印の森
      烙印の森

      大沢 在昌

      737円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ