基礎から学ぶ高効率エンジンの理論と実際[飯島晃良]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 機械工学

基礎から学ぶ高効率エンジンの理論と実際
飯島晃良

10位 機械工学部門 楽天ブックス日別ランキング(2019年01月21日)ランキングを見る

2,160円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年12月05日頃
  • 著者/編集:   飯島晃良
  • 出版社:   グランプリ出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  159p
  • ISBNコード:  9784876873616

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜこのような設計で燃費が良くなるのか?そもそも燃費は何に支配されているのか?異常燃焼はなぜ起こるのか?エンジン技術を学ぶ上で欠かせない基礎理論を大学にて熱力学、内燃機関等の講義を担当し、高効率エンジンのための燃焼研究に従事する現役の教員である著者がわかりやすく解説。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 自動車用パワートレインの現状と課題/第2章 エンジン性能の表わし方/第3章 エンジンの熱効率を支配しているのは何?/第4章 ガソリンエンジンの低燃費化技術/第5章 有害排出ガスのクリーン化/第6章 ガソリンエンジンの燃焼/第7章 HCCI

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
飯島晃良(イイジマアキラ)
日本大学理工学部機械工学科准教授。博士(工学)、技術士(機械部門)。2002年日本大学理工学部機械工学科卒業。2004年同大学院理工学研究科機械工学専攻修了。2004年富士重工業株式会社(現SUBARU)入社。2006年より日本大学理工学部にて研究と教育にあたり、SAE/JSAE Small Engine Technology Conference(SETC 2017) The Best Paper最優秀論文賞(2017年)、日本燃焼学会論文賞(2016年)など数々の賞を受賞。2016年には海外派遣研究者としてカリフォルニア大学バークレー校訪問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年01月14日 - 2019年01月20日)

     :第4665位(↑) > 科学・技術:第193位(↑) > 工学:第100位(↑) > 機械工学:第25位(↑)

  • 日別ランキング(2019年01月21日)

     :第2084位(↓) > 科学・技術:第97位(↓) > 工学:第39位(↓) > 機械工学:第10位(↓)

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

2,160円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ