エントリー&楽天マガジン初めてのお申し込みで、楽天ブックスでのお買い物が全品ポイント10倍
現在地
トップ >  > 新書 > ビジネス・経済・就職
「通貨」の正体(集英社新書)[浜矩子]
  • Googleプレビュー

「通貨」の正体 (集英社新書)
浜 矩子

902(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2019年01月17日頃
  • 著者/編集:   浜 矩子
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  224p
  • ISBN:  9784087210651

よく一緒に購入されている商品

  • 「通貨」の正体(集英社新書)[浜矩子]
  • +
  • お金の流れで読む日本と世界の未来世界的投資家は予見する(PHP新書)[ジム・ロジャーズ]
  • 「通貨」の正体 (集英社新書)
  • 浜 矩子

902円(税込)

在庫あり

合計 1,914円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
通貨を通貨たらしめているものは何なのか? 国家の威信なのか、金(ゴールド)なのか、あるいは・・・。

脆弱な通貨の「正体」を見極めないまま、世界各国は莫大な財政赤字を積み上げ、金融政策を行っている。
通貨への信頼を損なうばかりの政策の、その行き詰まりの先に見えてくるのは自国優先の貿易戦争と恐慌。

それを避けるための処方箋とは? 世界経済が危険水域に近づくなかの必読の書!

【目次】
第1章 バラと通貨はどう違う?
第2章 嘆きの通貨、ドルの行方
第3章 ユーロ その混乱の源
第4章 「仮想通貨」の仮装を暴く
第5章 幻の通貨 バンコールが夢見たもの
第6章 人民元は誰のための通貨?
第7章 SDRのフワフワ感
第8章 隠れ基軸通貨「円」の本当の姿

【著者略歴】
浜 矩子(はま のりこ)
同志社大学大学院ビジネス研究科教授。1952年、東京都生まれ。三菱総合研究所ロンドン駐在員事務所長を経て、2002年より現職。
専門はマクロ経済分析、国際経済、国際金融。おもな著書に『中国経済 あやうい本質』『新・国富論』『洗脳された日本経済』など。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
通貨を通貨たらしめているものは何なのか?国家の威信なのか、金(ゴールド)なのか、あるいは…。脆弱な通貨の「正体」を見極めないまま、世界各国は莫大な財政赤字を積み上げ、金融政策を行っている。通貨への信頼を損なうばかりの政策の、その行き詰まりの先に見えてくるのは自国優先の貿易戦争と恐慌。それを避けるための処方箋とは?世界経済が危険水域に近づくなか、通貨の本質をえぐる必読の書!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 バラと通貨はどう違う?/第2章 嘆きの通貨、ドルの行方/第3章 ユーロ その混乱の源/第4章 「仮想通貨」の仮装を暴く/第5章 幻の通貨 バンコールが夢見たもの/第6章 人民元は誰のための通貨?/第7章 SDRのフワフワ感/第8章 隠れ基軸通貨「円」の本当の姿

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
浜矩子(ハマノリコ)
同志社大学大学院ビジネス研究科教授。1952年、東京都生まれ。三菱総合研究所ロンドン駐在員事務所長を経て、2002年より現職。専門はマクロ経済分析、国際経済、国際金融(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 3.0

ブックスのレビュー

  • この著者の本はもう買いたくない
    購入者さん
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2019年04月12日

    内容としては通貨の歴史を説明しているだけで、それだけの内容であれば普通の本として納得できるのですが、所々にこの著者の「私は教養が高い人物なのよ」的な自慢が書かれていて不快な気分にしかならずとても残念でした。

    0人が参考になったと回答

  • 平易な文章で読みやすく解りやすい
    Sun East
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年04月08日

    浜矩子氏はよくテレビ番組やネット動画で見かけるが、舌鋒鋭く現政権の経済政策を批判する姿にちょっと恐い姉さんなのかという印象を抱いていた。
    しかし、本書は経済金融政策の要となる概念「通貨」をとても分かりやすく解説している。文体も「乙女チック」な味付けで、「ロミオとジュリエット」や「不思議の国のアリス」、数種のオペラ題材を使って読者のイマジネーションを鼓舞していくあたり、文筆家としてもなかなかの力量を見せてくれる。それにとても愛嬌のあるジョークを披露している。知的な女性の文章を読むのは素直に楽しい。途中で何度も理論を整理し、新たな論点を示しながら書き進んでいくスタイルにも好感が持てた。
    示唆に富む内容が多いが、我々が使っている通貨こそ「仮想通貨」であり、近時話題のビットコイン等は「仮装通貨」なのだとさりげなく喝破する展開は思わず膝を叩いてしまった。グローバル経済を通貨の観点から考えるという本書の目的は、文庫本ながら十分程度達成できていると思う。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】老いる意味
      【予約】老いる意味

      森村 誠一

      924円(税込)

    2. 2
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    3. 3
      人新世の「資本論」
      人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    4. 4
      未来のドリル コロナが見せた日本の弱点
      未来のドリル コロナが見せた日本の弱点

      河合 雅司

      968円(税込)

    5. 5
      崩壊朝日新聞
      崩壊朝日新聞

      長谷川熙

      1,012円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ