本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍
主任設計者が明かすF-2戦闘機開発日本の新技術による改造開発[神田國一]
  • Googleプレビュー

主任設計者が明かすF-2戦闘機開発 日本の新技術による改造開発
神田國一

9位 ミリタリー部門 楽天ブックス週間ランキング(2020年09月21日-2020年09月27日)ランキングを見る

1,760(税込)送料無料

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2018年12月
  • 著者/編集:   神田國一
  • 出版社:   並木書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  259p
  • ISBNコード:  9784890633791

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
防衛装備品初の日米共同開発で作られたF-2戦闘機。外形は米空軍のF-16戦闘機に似ているが、機体の構造や材料、ソフトウエアの大半は日本主導で開発されている。米国側の全面的な情報開示がないなか、設計チーム・リーダーとして多くの日米の技術者をまとめあげ、数々の難題をクリアしてプロジェクトを成功に導いた主任設計者の貴重な記録。F-2で培った技術開発力を次代に継承する意義を熱く語る!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 FS-Xの初飛行/第2章 超音速技術習得の出発点/第3章 FS-Xの開発計画/第4章 FS-Xの基本設計/第5章 現実化した「平成のゼロ戦」/第6章 米国に技術移転された複合材/第7章 ロールアウト/第8章 社内飛行試験/第9章 技術実用試験へ/第10章 米国の評価/第11章 絶やしてはならない技術の継承

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
神田國一(カンダクニイチ)
1938年生まれ、群馬県出身。1962年東京大学工学部航空学科卒業、同年新三菱重工(現・三菱重工)入社、名古屋航空機製作所に勤務。MU-2、XT-2/F-1、CCV研究機などの開発に従事。1990年FSET(F-2設計チーム)チーム・リーダー、1992年技師長・FS-Xプロジェクト・マネージャー、1997年三菱重工顧問。2013年歿、享年75(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 3.67

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ