中央線、全線開通!誘致攻防・難関工事で拓いた、東京〜名古屋間(交通新聞社新書131)[中村建治]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

中央本線、全線開通! 誘致攻防・難関工事で拓いた、東京〜名古屋間 (交通新聞社新書 131)
中村建治

864円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 中央本線、全線開通! 756円
紙書籍版 中央本線、全線開通! 864円

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • 中央線、全線開通!誘致攻防・難関工事で拓いた、東京〜名古屋間(交通新聞社新書131)[中村建治]
  • +
  • 大人の鉄道趣味入門(仮)(交通新聞社新書130)[池口英司]
  • 中央本線、全線開通! 誘致攻防・難関工事で拓いた、東京〜名古屋間 (交通新聞社新書 131)
  • 中村建治

864円(税込)

在庫あり

864円(税込)

在庫あり

合計 1,728円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
1889年、中央線の前身である「甲武鉄道」が、新宿〜立川間で開業。
それから22年後、本州中央部を抜け東京(飯田町)〜名古屋間をつなぐ、
中央本線が開業した。全通に至るまでは、
駅や経由ルートで激しい誘致攻防が繰り広げられた。
また、笹子トンネルや川の流れる谷あいを渡る事業など、
工事は難関続きであった。本書は、こうした全線開業に至る紆余曲折を、
事実に基づき綴っていく中央本線誕生の史話となる。
序章 400キロを20時間かけて直通 明治の鉄道技術を駆使して竣工
第1章 中山道敷設は中止して東海道へ ルート未定のままで中央線計画
第2章 中央線の産声は私鉄の甲武鉄道 国有後に延伸し東京駅が起点へ
第3章 起点は八王子と御殿場で競う わが国最長の笹子隧道を掘削
第4章 政治・現金・人脈などを総動員 木曽VS伊那間の誘致闘争に決着
第5章 隧道掘る直通案を迂回案に変更 辰野駅は設置場所や駅名で混乱
第6章 木曽川に日本最長橋梁を架橋 名古屋乗り入れ路線でも波乱
第7章 宮ノ越〜木曽福島間で全通 名古屋で盛大に開通祝賀会

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1889年、中央線の前身である「甲武鉄道」が、新宿〜立川間で開業。それから22年後、本州中央部を抜け東京(飯田町)〜名古屋間をつなぐ、中央本線が開業した。全通に至るまでは、駅や経由ルートで激しい誘致攻防が繰り広げられた。また、笹子トンネルや川の流れる谷あいを渡る事業など、工事は難関続きであった。本書は、こうした全線開通に至る紆余曲折を、事実に基づき綴っていく中央本線誕生の史話となる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 400キロを20時間かけて直通 明治の鉄道技術を駆使して竣工/第1章 中山道敷設は中止して東海道へ ルート未定のままで中央線計画/第2章 中央線の産声は私鉄の甲武鉄道 国有後に延伸し東京駅が起点へ/第3章 起点は八王子と御殿場で競う わが国最長の笹子隧道を掘削/第4章 政治・現金・人脈などを総動員 木曽VS伊那間の誘致闘争に決着/第5章 隧道掘る直通案を迂回線に変更 辰野駅は設置場所や駅名で波乱/第6章 木曽川に日本最長橋梁を架橋 名古屋乗り入れ路線でも波乱/第7章 宮ノ越〜木曽福島間で全通 名古屋で盛大に開通祝賀会

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中村建治(ナカムラケンジ)
昭和21(1946)年、山梨県大月市生まれ。明治大学政治経済学部卒。鉄道史学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

864円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ