朝食はからだに悪い[テレンス・キーリー]
  • Googleプレビュー

朝食はからだに悪い
テレンス・キーリー

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 朝食はからだに悪い 1,750円
紙書籍版 朝食はからだに悪い 1,944円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「朝食は抜くな」「朝食を抜かすと太る」「朝食を食べると脳が働く」といった朝食神話は日本のみならず欧米にもあります。
そして著者自身も糖尿病を発症した際に、医者から必ず朝食を摂るように言われました。
だが、実際は、朝食を食べると血糖値が急上昇し、食べないと血糖値は正常値に戻った経験から、著者は、本書で以下のことを考察します。

朝食摂取に関する信頼できる科学的・医学的根拠は何か。
朝食神話ができた背景は何か。
朝食はどのように身体を蝕むのか。
何故、朝食を摂ると一日の摂取量が減ると考えるのか。
朝食を抜き、断続的絶食をしなければいけない人は誰か。
体重減少や血圧低下など、朝食を抜くと、どんなメリットが考えられるか。
朝食を摂るとしたら、どのような朝食メニューがいいのか。

そこから見えてきたのは、朝食が栄養過剰の現代人においては不要なものであり、無条件に礼賛すべきものではないこと。
そして、朝食を食べるにしても、そのメニューは今日のメジャーなシリアルやパンといった糖質の多いメニューは避けるべきこと。
そもそも朝食神話を流布したのがシリアルメーカーなどの食品メーカーで、その信ぴょう性が危ういことなどです。

本書は現代人に最適なタイプ別の朝食のとりかたと抜かし方を解明し、朝食は必要か不要かといった二元論的な朝食論争に決着をつけます。
毎日の朝食で健康状態がこれほど変わるのかと驚き、朝食への価値観と朝食の食べ方が激変する1冊です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
朝食神話のウソを科学的に暴く!脳にいい、太らない、健康になる…ちまたのウソを信じて無理に食べた、その朝食があなたを殺す!朝食抜きメソッドで高血糖や脂質異常、肥満が苦もなく急改善!欧米で話題沸騰!世界の最新データや医学研究からわかった食の真実!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 朝食は危険!/2 ビジネスが創り出す「朝食神話」/3 朝食を抜くと「太る」!?/4 研究者たちの朝食ウォーズ/5 健康な人の朝食、不健康な人の朝食/6 朝食はいかにあなたを殺すか?/7 重大な裏切り者「インスリン」/8 なぜ朝、糖尿病の人は高血糖になるのか?/9 朝食は静かな殺し屋を殺せるか?/10 朝食の正しい抜き方・気をつけ方

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
キーリー,テレンス(Kealey,Terence)
バーツ及びロンドン医科歯科学校にて医学を研修。オックスフォード大学臨床生化学博士号取得後、ニューカッスル大学に移籍。その後、Wellcome高齢者臨床研究所特別研究員として、ケンブリッジ大学で臨床生化学について教鞭を執る(1986-2001年)。バッキンガム大学副学長(2001-2014年)。現在、ケイトー研究所(ワシントンDC)の科学研究センターの客員研究員として、食糧政策に関する研究に携わる

野中香方子(ノナカキョウコ)
ヘルスケアや自然科学に関する翻訳多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと31

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,944円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ