現在地
トップ >  > 新書 > 科学・医学・技術
宇宙はなぜブラックホールを造ったのか(光文社新書)[谷口義明]
  • Googleプレビュー

宇宙はなぜブラックホールを造ったのか (光文社新書)
谷口義明

1,012(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品基本情報

  • 発売日:  2019年02月15日頃
  • 著者/編集:   谷口義明
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  280p
  • ISBNコード:  9784334043957

よく一緒に購入されている商品

  • 宇宙はなぜブラックホールを造ったのか(光文社新書)[谷口義明]
  • +
  • 宇宙はどこまでわかっているのか(幻冬舎新書)[小谷太郎]
  • 宇宙はなぜブラックホールを造ったのか (光文社新書)
  • 谷口義明

1,012円(税込)

在庫あり

880円(税込)

在庫あり

合計 1,892円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「ブラックホール」という言葉から、何を想像するだろうか。銀河の中心には、必ずといってよいほどブラックホールがある。しかも、その質量は非常に重く、太陽の質量の100万倍以上もある。このようなブラックホールは“超大質量ブラックホール”と呼ばれているが、それは、私たちが住んでいる天の川銀河(銀河系)にもある。その質量は、太陽の400万倍である。では、そもそもなぜ、ほとんどの銀河の中心に超大質量ブラックホールがあるのかー。ブラックホールはいつ生まれ、どのように育ち、どのような運命を辿るのか。そして、宇宙はなぜブラックホールを造ったのか。現代天文学が描く、宇宙の過去・現在、そして鮮烈の未来予想図。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ブラックホールとは何か(ブラックホールへの道/重力の意味 ほか)/第2章 ブラックホールの発見(超大質量ブラックホール/恒星の運命とブラックホール ほか)/第3章 超大質量ブラックホールの謎(天の川銀河の中心/アンドロメダ銀河の中心 ほか)/第4章 宇宙はなぜブラックホールを造ったのか(超大質量ブラックホールの生まれ方/超大質量ブラックホールの育ち方 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
谷口義明(タニグチヨシアキ)
1954年北海道生まれ。東北大学理学部卒業。同大学院理学研究科天文学専攻博士課程修了。理学博士。東京大学東京天文台助手などを経て、放送大学教授。専門は銀河天文学、観測的宇宙論。すばる望遠鏡を用いた深宇宙探査で、128億光年彼方にある銀河の発見で当時の世界記録を樹立。ハッブル宇宙望遠鏡の基幹プログラム「宇宙進化サーベイ」では宇宙の暗黒物質(ダークマター)の3次元地図を作成し、ダークマターによる銀河形成論を初めて観測的に立証した。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(5件)

総合評価
 3.2

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    2. 2
      ルワンダ中央銀行総裁日記増補版
      ルワンダ中央銀行総裁日記増補版

      服部正也

      1,056円(税込)

    3. 3
      現代語訳 論語と算盤
      現代語訳 論語と算盤

      渋沢 栄一

      902円(税込)

    4. 4
      人新世の「資本論」
      人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    5. 5
      藤巻健史の資産運用大全
      藤巻健史の資産運用大全

      藤巻 健史

      1,100円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ