本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他

マラッカ海峡物語 ペナン島に見る多民族共生の歴史 (集英社新書)
重松 伸司

1,012(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2019年03月15日頃
  • 著者/編集:   重松 伸司(著)
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  304p
  • ISBN:  9784087210712

よく一緒に購入されている商品

  • マラッカ海峡物語ペナン島に見る多民族共生の歴史(集英社新書)[重松伸司]
  • +
  • 植物たちの戦争病原体との5億年サバイバルレース(ブルーバックス)[日本植物病理学会]
  • マラッカ海峡物語 ペナン島に見る多民族共生の歴史 (集英社新書)
  • 重松 伸司

1,012円(税込)

在庫あり

合計 2,112円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介

ベンガル湾を内海のように抱えるインドと東南アジアには、

どのような文明が形成されてきたのかーー。

本書が注目するのは、マラッカ海域北端に浮かぶペナン島。

淡路島の半分ほどの面積しかないこの小島に、

これまで、実に三〇以上の民族集団が、絶妙なバランスで群居し続けてきた。

マレー人、インドネシアの海民アチェやブギス、インドのチェッティ商人、

ムスリム海商チュリア、クリン、アラブの海商ハドラミー、ポルトガル人、

イギリス人、フランス人、アルメニア人、華僑、日本人、等々--。

各地で、ナショナリズムや排外主義的な価値観が増大する中、

本書が提示する世界像は、多民族共存の展望と希望を与えてくれるだろう。

人間は、共存可能だーーと。

ベンガル湾からマラッカ海峡にかけての地域研究の第一人者による、

初の本格的な「マラッカ海峡」史。


◆著者略歴◆

重松 伸司(しげまつ しんじ)

一九四二年大阪市生まれ。歴史学者。追手門学院大学名誉教授。

九九年「マレーシアおよびシンガポールにおけるインド移民社会の形成と変容」をテーマに博士号取得(文学)。

著書に『マドラス物語ーー海道のインド文化誌』(中公新書)など。

内容紹介(出版社より)

マラッカ海域北端に浮かぶペナン島。淡路島の半分ほどのこの小島では、
実に30以上の民族集団同士が絶妙なバランスで共生し続けてきた。
南アジア研究の第一人者による、本格的な「マラッカ海峡」史。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

マラッカ海域北端に浮かぶペナン島。淡路島の半分ほどの面積しかないこの小島では、これまで、実に三〇以上の民族集団が、絶妙なバランスで群居し続けてきた。マレー人、インドネシアの海民アチェやブギス、インドのチェッティ商人、ムスリム海商チュリア、クリン、アラブの海商ハドラミー、ポルトガル人、イギリス人、フランス人、アルメニア人、華僑、日本人、等々-。各地で、ナショナリズムや排外主義的な価値観が増大する中、本書が提示する世界像は、多民族共存の展望と希望を与えてくれるだろう。ベンガル湾からマラッカ海峡にかけての地域研究の第一人者による、初の「マラッカ海峡」史。

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 海峡の植民地ペナン(海峡を掘り起こす/租界・居留地・ジョージタウン/海峡とモンスーン/海民と開拓者/居留地ジョージタウン誕生/居留地ペナンの誕生)/第2部 海峡を渡ってきた人々(変貌するペナン/シントラ、ポルトガル人街から日本人街へ/マラッカ海峡のアルメニア社会/華人街の頭目/ベンガル湾を渡ったインド人)

著者情報(「BOOK」データベースより)

重松伸司(シゲマツシンジ)
1942年大阪市生まれ。歴史学者。追手門学院大学名誉教授。99年「マレーシアおよびシンガポールにおけるインド移民社会の形成と変容」をテーマに博士号取得(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ