三河吉田藩・お国入り道中記[久住祐一郎]
三河吉田藩・お国入り道中記[久住祐一郎] 三河吉田藩・お国入り道中記[久住祐一郎] 三河吉田藩・お国入り道中記[久住祐一郎]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

三河吉田藩・お国入り道中記
久住 祐一郎

924円(税込)送料無料

【消費税率変更】10月1日以降に出荷する商品は10%の消費税を適用させていただきます

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 三河吉田藩・お国入り道中記(インターナショナル新書) 836円
紙書籍版 三河吉田藩・お国入り道中記 924円

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • 三河吉田藩・お国入り道中記[久住祐一郎]
  • +
  • 独ソ戦絶滅戦争の惨禍[大木毅]
  • 三河吉田藩・お国入り道中記
  • 久住 祐一郎

924円(税込)

在庫あり

946円(税込)

在庫あり

合計 1,870円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
三河吉田藩の目付役が書き残した詳細な記録から「参勤交代のリアル」を再現!

天保12年(1841)、病気の藩主に変わって江戸から国元の三河吉田(豊橋)への参勤交代を命じられた若殿・松平信宝(のぶとみ)。若殿にとっては初めてのお国入りである。
この参勤交代の準備を仰せつかったのが目付役の大嶋左源太。
しかし、決まらない日程、馬に乗れない老家臣、ダブルブッキング、初のお国入りの理想と財政難という現実……次々と問題が持ち上がる。左源太は、若殿を無事に出発させることができるのか?

磯田道史氏推薦!
「三河吉田藩の若殿様が参勤交代をした時の詳細な記録が発見された。この古文書をもとに参勤交代の驚くべき実情が明らかにされる」

ーー(本書「はじめに」より)
江戸時代に何万回と繰り返された参勤交代のうちのたった一回に焦点をあて、残された古文書を読み解いていくことでその実態を紹介しようという、きわめてミクロな視点の本である。
しかし、ミクロな視点だからこそ見えてくるもの、知ることができるものも多い。電話やインターネットのような通信手段のない江戸時代で、何百人もの宿泊場所をどうやって予約していたのか。
道中で発生した様々なアクシデントにはどのように対処していたのか。全国各地で日常的に繰り広げられていたが、現代の私たちにとっては知らないことだらけの参勤交代の実態が浮かび上がってくる。

ーー(目次より抜粋)
第1章 若殿と左源太
大嶋左源太豊陳/〝若殿〞松平信宝/山椒は小粒でも辛い/松平伊豆守家と「島原」
第2章 参勤交代アレンジメント
殿様は〝タンキ〞/若殿のお国入り/「御意」を示す殿様と行列人数/左源太登場/先例と現実の間で/道中法度を叩き込め/宿のご予約はお早めに/吉田藩にもあった『超高速!参勤交代』
第3章 〝サンキュー〞におまかせ
派遣で成り立つ大名行列/〝サンキュー〞とは何者か/島原御陣200年記念式典/専属契約の秘訣/山々安全、川々大水
第4章 必読!参勤交代マニュアル
荷物は馬に積んで逃げよ!/川札の値下げ交渉/宿割役人VS旅籠屋/宿割役人はつらいよ/旅費節約のしわ寄せは御供に/紛失物は金で解決?/お供のアクシデント/殿様の一大事
第5章 若殿様のお国入り道中
第6章 その後の三河吉田藩と大嶋家

■著者略歴
久住祐一郎(くすみ・ゆういちろう)豊橋市美術博物館学芸員。1984年、新潟県生まれ。岡山大学教育学部卒業。同大学院社会文化科学研究科博士前期課程修了。豊橋市二川宿本陣資料館学芸員を経て現職。
交通史学会常任委員。主要論文に「東海道二川宿における商家の経営と地域金融」(『三河ー交流からみる地域形成とその変容ー』雄山閣)、「大河内松平氏時代の吉

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
天保一二(一八四一)年、三河吉田藩(豊橋)の参勤交代の行列が江戸を出発した。藩主の代わりを務める若殿・松平信宝、初のお国入りである。しかし、出発までには数々の難題が待ち受けていた。決まらない日程、ダブルブッキング、馬に乗れない老家臣、幕府の規定人数オーバー、息子の行列を豪華にしたい藩主の親心と財政難…。藩の目付役が書き残した詳細な記録を繙き、吉田藩士たちの奮闘ぶりから働く武士のリアルな姿を浮かび上がらせる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 若殿と左源太/第2章 参勤交代アレンジメント/第3章 “サンキュー”におまかせ/第4章 必読!参勤交代マニュアル/第5章 若殿様のお国入り道中/第6章 その後の三河吉田藩と大嶋家

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
久住祐一郎(クスミユウイチロウ)
豊橋市美術博物館学芸員。1984年、新潟県生まれ。岡山大学教育学部卒業。同大学院社会文化科学研究科博士前期課程修了。豊橋市二川宿本陣資料館学芸員を経て、現職。交通史学会常任委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年10月14日 - 2019年10月20日)

     :第-位( - ) > 新書:第415位(↓) > その他:第146位(↓)

  • 日別ランキング(2019年10月21日)

     :第-位( - ) > 新書:第388位(↑) > その他:第150位(↑)

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと39

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

924円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      日本刀
      日本刀

      本間順治

      1,012円(税込)

    2. 2
      自分のことは話すな
      自分のことは話すな

      吉原珠央

      968円(税込)

    3. 3
      ケーキの切れない非行少年たち
      ケーキの切れない非行少年たち

      宮口 幸治

      792円(税込)

    4. 4
      夫のトリセツ
      夫のトリセツ

      黒川 伊保子

      902円(税込)

    5. 5
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      880円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ