本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍
カウボーイになった男[井上修一]
  • Googleプレビュー

カウボーイになった男
井上修一

1,980(税込)送料無料

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2019年03月15日頃
  • 著者/編集:   井上修一
  • 出版社:   エフビー
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  224p
  • ISBNコード:  9784903458151

商品説明

【内容情報】(出版社より)
東京ドーム254個分、360万坪の広大なオーストラリアの牧場でバイクにまたがり牛を追う男がいる。カウボーイになる夢を実現したハングリータイガー会長、井上修一だ。
1969年に横浜の丘の上に開業したハンバーグ・ステーキレストランは順風満帆の成長から一転して、O-157事故、BSE禍で倒産の危機に瀕した。2002年、3店を残し9割の店が消滅。でもブランドと希望は残った。
現在、ハングリータイガーは10店舗を地域に根差した店として盛業中。創業者の井上修一は、社長を息子に譲り、牧場経営に専心している。
本書は、O-157事故で苦闘するハングリータイガーのドキュメント『ちいさくして強くなった』(中田有紀子著、エフビー・2009年刊)の続編といえるもの。安全でおいしい牛肉を提供したい、というレストラン経営者としての思いが込められた一冊である。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東京ドーム254個分の広大なオーストラリアの牧場でバイクにまたがり牛を追う男、カウボーイになる夢を実現したハングリータイガー会長、井上修一だ。1969年に横浜の丘の上に創業したハンバーグ・ステーキレストランは、O157事故、BSE禍による2002年、3店を残し9割の店が消滅。しかし、ブランドと希望は残った。現在、ハングリータイガーは10店を地域に愛される店として盛業。社長を息子に譲った井上は、牧場経営に専心する。本書には、安全でおいしいビーフを提供したい、という井上の牛肉への思いがたっぷり込められている。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 私の原点(すべてはアメリカへの憧れから始まった)/第1章 「牛を育てる」夢に向かって(一九六五年カナダ・カルガリーの冬ー凍える牛たち/二〇一八年秋ジブラルタル牧場から/一九六九年ハングリータイガー創業 “ザ・元祖”、「牛肉100%ハンバーグ」の登場/目指したのは“私の街のディナーレストラン” ほか)/第2章 牛肉を食べる(命をつないだ牛肉/シュラスコをブラジルで食べる/人生はじめての炭焼きステーキ/和牛を育てる ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
井上修一(イノウエシュウイチ)
昭和17年、神奈川県生まれ。株式会社ハングリータイガー代表取締役会長。オーストラリア・ジブラルタル牧場主。青山学院大学経済学部卒業後、ロスアンゼルス・トレード・テクニカル・カレッジでレストラン経営学を学ぶ。帰国後、昭和44年(1969年)、横浜・保土ヶ谷にステーキとハンバーグのハングリータイガー1号店を開店、現在ハングリータイガーは2019年、出店を予定している店舗を含め10店舗を展開。日本フードサービス協会理事、各委員会委員長などを経て、1999〜2001年、日本フードサービス協会会長を務めるなど、外食産業全体のレベルアップと発展に力を尽くした。2006年、藍綬褒章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ