目からうろこが落ちる奇跡の経済教室(基礎編)[中野剛志]
  • Googleプレビュー

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】
中野剛志

3位 経済学部門 楽天ブックス週間ランキング(2020年01月06日-2020年01月12日)ランキングを見る

1,760円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】 1,760円
紙書籍版 目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】 1,760円

商品基本情報

  • 発売日:  2019年04月22日頃
  • 著者/編集:   中野剛志
  • 出版社:   ベストセラーズ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  328p
  • ISBNコード:  9784584138953

よく一緒に購入されている商品

  • 目からうろこが落ちる奇跡の経済教室(基礎編)[中野剛志]
  • +
  • 目からウロコが落ちる奇跡の経済教室[戦略編][中野剛志]
  • 目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】
  • 中野剛志

1,760円(税込)

在庫あり

1,870円(税込)

在庫あり

合計 3,630円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
読まれると経済学者・官僚が困る本ナンバー1 経済常識が180度変わる衝撃!

第1部 
経済の基礎知識をマスターしよう

1.日本経済が成長しなくなった理由

平成不況
デフレとは何か
輸入品の価格を巡る注意事項
「合成の誤謬」

2.デフレの中心で、インフレ対策を叫ぶ

政府が悪い
二つの経済政策
平成不況の原因は明らか

3.経済政策をビジネス・センスで語るな

問題は「合成の誤謬」
競争に負けた企業は、淘汰されればいい?
政府の無駄遣い
公共投資は無駄だった?
インフレ対策とデフレ対策とは、正反対

4.仮想通貨とは、何なのか

仮想通貨の登場
仮想通貨の決定的な欠陥

5.お金について正しく理解する

貨幣とは、負債の一種
貨幣の歴史
銀行は、貨幣を創造することができる
貸出しと預金の関係
貨幣と租税

6.金融と財政をめぐる勘違い

社会通念がひっくり返る
デフレ下では、中央銀行は貨幣供給量を増やせなくなる
財政赤字をめぐる誤解
財政赤字は民間貯蓄に制約されない
財政政策は、金融政策
需要不足か、貨幣不足か
仮想通貨とデフレ
マッドサイエンティストのような主張

7.税金は、何のためにある?

財政赤字の限界
財政赤字の制約はインフレ率
財政赤字の大きさは関係ない
税は、財源確保の手段ではない
政策手段としての税


8.日本の財政破綻シナリオ

ハイパーインフレになるのか
金利の高騰は起きうるのか
日本を財政破綻させる方法


9.日本の財政再建シナリオ

プライマリー・バランスを黒字化して破綻する
国内民間部門の収支+国内政府部門の収支+海外部門の収支=0
財政健全化は徒労に終わる
財政悪化無くして財政再建なし!


第2部 
経済学者たちはなぜ間違うの?

10.オオカミ少年を自称する経済学者

「国難」としての自然災害
「亡国」の財政破綻
経済学者たちの緊急提言
オオカミ少年

11.自分の理論を自分で否定した経済学者

構造デフレ説
経済構造と貨幣の関係
インフレ目標と期待
後任の日銀副総裁
円安の効果?

12.変節を繰り返す経済学者

状況が変わった?
あまりに時代遅れの理論
正論は負ける!

13.間違いを直せない経済学者

ノーベル経済学賞受賞者の批判
エリザベス女王の疑問
なぜ、インフレ対策しか出てこないのか
経済学者たちの閉鎖的な内輪意識

14.よく分からない理由で、消費増税を叫ぶ経済学者

消費増税の深刻な悪影響
痛みを分かち合う?
財政赤字についての誤解
間違いだらけの財政論
なぜ消費税でなければならないのか

15.経済学は、もはや宗教である

自由貿易の定理
自由貿易の効果の試算
自由貿易の歴史
戦後の自由貿易は成功したか
グローバリゼーションは、歴史の必然?
経済学者の無知

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
平成の過ちを繰り返さないために!知っていますか?税金のこと、お金のこと。経済常識が180度変わる衝撃!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 経済の基礎知識をマスターしよう(日本経済が成長しなくなった単純な理由/デフレの中心で、インフレ対策を叫ぶ/経済政策をビジネス・センスで語るな/仮想通貨とは、何なのか/お金について正しく理解する/金融と財政をめぐる勘違い/税金は、何のためにある?/日本の財政委破綻シナリオ/日本の財政再建シナリオ)/第2部 経済学者たちはなぜ間違うのか?(オオカミ少年を自称する経済学者/自分の理論を自分で否定した経済学者/変節を繰り返す経済学者/間違いを直せない経済学者/よく分からない理由で、消費増税を叫ぶ経済学者/主流派経済学は、宗教である)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中野剛志(ナカノタケシ)
1971年、神奈川県生まれ。評論家。元京都大学大学院工学研究科准教授。専門は政治思想。96年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。01年に同大学院にて優等修士号、05年に博士号を取得。論文“Theorising Economic Nationalism”(Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。主な著書に『日本思想史新論』(ちくま新書、山本七平賞奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(30件)

総合評価
 4.46

ブックスのレビュー

  • これ以上、わかりやすくするのは無理!
    こっつっつ55
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年11月29日

    主婦でも小学生でも理解できると思うし、どれだけ無責任な東大、慶応の教授が子供たちの未来を暗くしているのかも理解できました。

    1人が参考になったと回答

  • 渡辺よしみ議員の国会での質問が理解できた
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年12月15日

    黒田総裁や麻生大臣に対しての質問、麻生大臣のデフレ解消する気が全く無い様な答弁。渡辺よしみ議員が日本の経済を考えて質問していることが理解できました。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    dance_in_the_dark
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年08月12日

    この本、どこまで売れてるんでしょうか。
    我が国の財政破綻の可能性はゼロなのに右を向いても左を向いても
    財政規律だーっ、身を切る改革だーっ、公務員削減だーっetc.
    オリンピックの軽費削減を女の知事が発表したら、みんな拍手喝采。
    え?もしかしてバカなの?
    国の赤字は民間の赤字。そんなことも知らないの?
    日本も終わりだな、悲しいけど。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,760円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ