方丈記 (小学館文庫)
水木 しげる

615円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品基本情報

  • 発売日:  2019年04月05日
  • 著者/編集:   水木 しげる
  • レーベル:   小学館文庫
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  256p
  • ISBNコード:  9784094066296

よく一緒に購入されている商品

  • 方丈記(小学館文庫)[水木しげる]
  • +
  • 古事記(小学館文庫)[里中満智子]
  • 方丈記 (小学館文庫)
  • 水木 しげる

615円(税込)

在庫あり

648円(税込)

在庫あり

合計 1,263円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
マンガで読む,巨匠で読む「方丈記」

日本三随筆のひとつで中世の天変地異ドキュメント『方丈記』を活写! 平家興亡・源平争乱の平安時代末期を生きた無常の歌人・鴨長明の生涯を交えながら完全にコミック化! 名門・下鴨神社禰宜の子として生まれながら、跡目争いに敗れ、長年住んできた邸を追われるなか、10年足らずの間に若き長明は多くの災厄を体験。現代にも通じる無常観! そして、その天変地異を経た無常の先にある方丈の草庵生活とは? 巻末寄稿/荒俣宏 作品解説/関口浩(駿台予備学校古文講師)

【編集担当からのおすすめ情報】
『方丈記』は″無常″すなわち、あきらめの心情に最初から貫かれている。 水木サン(著者)は若い頃、出征する前に『方丈記』を読んで、大いに共感を覚えた。 死に行く者はあきらめの境地にならなければならなかったのだ。しかし今の時代、すべてを容認してあきらめずに困難に立ち向かう姿勢こそが、大事なのかもしれない。その頃(『方丈記』執筆前後)の長明は、『無名抄』や『発心集』を記している。 『無名抄』を読むと、ある種の郷愁のようなものが感じられるね。また、『発心集』の仏教説話なんかは、長明の感じる″無常″の心が反映されているのだろう。 長明が死んだのは建保四年(1216)閏6月10日という。 享年62歳であった。 世を恨んで出家した長明の心には、都を捨てたといいつつも、都の生活を惜しんでやまない気持ちがあったと思う。 最後は方丈の庵で、人知れずひっそりと死んでいったのだろうな。 長明の″無常感″は、若い頃の災害、挫折の経験が大きかったのだろう。21世紀の現在でも、大いなる災害などの問題を抱えている・・・。
この閉塞感は『方丈記』で語られる″無常″と無縁ではないだろう。水木しげる(本文より)
方丈記 7
第一章 少年時代 17
第二章 菊合 45
第三章 安元の大火 53
第四章 治承の辻風 65
第五章 達都と怪冥 75
第六章 飢饉 99
第七章 平家滅亡 121
第八章 元暦の大地震 133
第九章 無常の世 151
第十章 歌合 163
第十一章 遁世 169
第十二章 鎌倉下向 195
第十三章 『方丈記』成る 205
『方丈記』原文 219
鴨長明 略年譜 242
『方丈記』作品解説 関谷浩 246
乱世に立ち止って読む古典 荒俣宏 251
参考文献 255

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1212年(鎌倉時代)成立の随筆。一巻からなる。鴨長明著。仏教的無常観を主題に、作者の体験した都の生活の危うさ・はかなさを、大火・辻風・飢饉・疫病・地震・遷都等の実例によって描き、ついで移り住んだ日野山の方丈の庵の閑寂な生活を記している。文章は簡明な和漢混淆文。

【目次】(「BOOK」データベースより)
方丈記/少年時代/菊合/安元の大火/治承の辻風/遷都と怪異/飢饉/平家滅亡/元暦の大地震/無常の世/歌合/遁世/鎌倉下向/『方丈記』成る/『方丈記』原文/鴨長明 略年譜/『方丈記』作品解説(関谷浩)/乱世に立ち止まって読む古典(荒俣宏)/参考文献

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
水木しげる(ミズキシゲル)
1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸本漫画を描き始める。1958年『ロケットマン』でデビュー。1965年『テレビくん』で講談社児童漫画賞を受賞。1968年『ゲゲゲの鬼太郎』がアニメ化され、テレビ放映。1991年紫綬褒章受章。2003年旭日小綬章受賞。2007年『のんのんばあとオレ』で仏アングレーム国際漫画祭最優秀作品賞受賞。2010年文化功労者に。2015年93歳で逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • まんが 方丈記
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2019年06月28日

    日本の古典文学の漫画シリーズが発売されるようになり興味を持ってずっと見てました。今回、方丈記ですけども 、なかなか、水木しげるさんを、用いて、興味を、もたらすようにかかれているのには、感心しました。
    最初の冒頭なんかはよく知ってても、後の内容、なんか災害や無常のことばかりで、あまりおもしろないイメージだったのを、読みやすくして、今回、かなり内容が掴めるようになりました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング(2019年08月20日)

     :第-位( - ) > 文庫:第3045位(↑) > 漫画(コミック):第176位(↑)

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

615円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      危険なビーナス
      危険なビーナス

      東野 圭吾

      972円(税込)

    2. 2
      小説 天気の子
      小説 天気の子

      新海 誠

      648円(税込)

    3. 3
      僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版
      僕は君たちに武器を配りたい エッセンシ…

      瀧本 哲史

      540円(税込)

    4. 4
      大家族四男(5)
      大家族四男(5)

      日向唯稀

      702円(税込)

    5. 5
      後宮の烏 3
      後宮の烏 3

      白川 紺子

      658円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ