エクソフォニー
  • Googleプレビュー

エクソフォニー 母語の外へ出る旅
多和田葉子

2,420(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2003年08月
  • 著者/編集:   多和田葉子
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  188p
  • ISBNコード:  9784000222662

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分を包んでいる(縛っている)母語の響きからちょっと外に出てみると、どんな音楽が聞こえはじめるのか。母語の外に出ることにより、言語表現の可能性と不可能性という問題に果敢に迫る、境域の作家多和田葉子の革新的書き下ろしエッセイ集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 母語の外へ出る旅(ダカールーエクソフォニーは常識/ベルリンー植民地の呪縛/ロサンジェルスー言語のあいだの詩的な峡谷/パリー一つの言語は一つの言語ではない ほか)/第2部 実践編ードイツ語の冒険(空間の世話をする人/ただのちっぽけな言葉/嘘つきの言葉/単語の中に隠された手足や内臓の話 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
多和田葉子(タワダヨウコ)
1960年、東京生まれ。高校時代、第二外国語として、ドイツ語を習い始める。早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒業。ハンブルク大学修士課程、チューリッヒ大学博士課程修了。文学博士(専門はドイツ文学)。1982年よりハンブルク在住。1991年、「かかとを失くして」で第34回群像新人文学賞を受賞、1993年、「犬婿入り」で第108回芥川賞を受賞。1994年にはハンブルク市からレッシング奨励賞を、また1996年にはドイツ語での文学活動に対してバイエルン州芸術アカデミーからシャミッソー文学賞を授与される。2000年、『ヒナギクのお茶の場合』で泉鏡花賞、2002年、『球形時間』でBunkamuraドゥマゴ文学賞、2003年、『容疑者の夜行列車』で伊藤整文学賞を受賞するなど、日本語の作家として、またドイツ語の作家として旺盛な創作活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(11件)

総合評価
 4.22

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      半沢直樹 アルルカンと道化師
      半沢直樹 アルルカンと道化師

      池井戸 潤

      1,760円(税込)

    2. 2
      ミッドナイトスワン
      ミッドナイトスワン

      内田 英治

      770円(税込)

    3. 3
      【予約】表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬
      【予約】表参道のセレブ犬とカバーニャ要…

      若林 正恭

      792円(税込)

    4. 4
      孤愁〈サウダーデ〉
      孤愁〈サウダーデ〉

      新田 次郎

      1,265円(税込)

    5. 5
      マスカレード・ナイト
      マスカレード・ナイト

      東野 圭吾

      979円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ