本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
エレクトーン2019年05月号[雑誌]
エレクトーン2019年05月号[雑誌] 月刊エレクトーン2019年5月号
雑誌
現在地
トップ > 雑誌 > その他

月刊エレクトーン2019年5月号
ヤマハミュージックメディア

800円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品基本情報

商品説明

【商品構成】雑誌
【分類】雑誌|エレクトーン
【楽器】エレクトーン
【機種】ELS-02C/ ELS-02/ ELS-02X/ ELC-02/ ELB-02/ ELS-01C/ ELS-01/ ELS-01X
【難易度】8級/7級/6級/5級/中級/5〜3級
【商品説明】
役立つエンタメ&実用記事+今スグ弾きたい人気定番曲や話題のヒット曲のスコアが満載
国交樹立100周年を記念した読み物記事『ポーランド音楽紀行』と題した第1特集では、その歴史的背景とあわせて、ポーランドが生んだ偉大なる作曲家・ショパンと、マズルカをクローズアップ。第2特集『エレクトーンの衣装と靴選び』では、プレイヤーの鷹野雅史、岩内佐織、高田和泉、中野正英、人気デモンストレーターの安達香織が、自身の「ステージ衣装」と「靴」を紹介しながら、そのこだわりと選び方のアドバイスも掲載。

ソロスコアは、「君を待ってる (King & Prince)」、「THE GIFT (平井大)」、「HAPPY BIRTHDAY (back number)」、「白日 (King Gnu)」、「I beg you (Aimer)」、「破壊と再生([3年A組 -今から皆さんは、人質ですー]より)、弾き歌いにチャレンジ「パプリカ」、かんたん初級アレンジ「名探偵コナン メイン・テーマ」、リクエスト「マリーゴールド (あいみょん)」、きれいに弾きたい!We Love CLASSIC「マイ・ウェイ -Orchestra ver.-」、みんなが弾きたいJAZZ! JAZZ!! JAZZ!!!「ノクターン 第2番 Op.9-2 -Combo Jazz ver.-」、プリセットで弾けるポップクラシックは稲葉夕佳編曲の「ユーモレスク(ラテンジャズ・アレンジ)」、P&Eアンサンブルは「時代(中島みゆき)」といったラインナップでお届けします。そのほか、826aska全国ツアーのライブレポートや屏東香インタビューの後編、さらに、ピックアップアーティストではT-SQUAREの坂東慧のインタビューを掲載。

【収載曲】
[1] 君を待ってる / King & Prince
  難易度: 7級
[2] THE GIFT / 平井 大
  『映画ドラえもん のび太の月面探査記』主題歌
  難易度: 6級
[3] HAPPY BIRTHDAY / back number
  劇場版『「Fate/stay night [Heaven's Feel]」II.lost butterfly』主題歌
  難易度: 6級
[4] 白日 / King Gnu
  難易度: 6級
[5] I beg you / Aimer
  難易度: 6級
[6] 破壊と再生
  ドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」O.S.Tより
  難易度: 5級
[7] パプリカ(弾き歌い)
  難易度: 中級
[8] 「名探偵コナン」メイン・テーマ / Aimer
  難易度: 8級
[9] マリーゴールド / あいみょん
  難易度: 7級
[10] マイ・ウェイ -Orchestra ver.-
  難易度: 5級
[11] ノクターン第1番 op.9-2 -Combo Jazz ver.-
  難易度: 5〜4級
[12] 時代 / 中島 みゆき
  難易度: 中級
[13] ユーモレスク(ラテンジャズ・アレンジ)
  難易度: 中級

商品レビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年06月17日 - 2019年06月23日)

     雑誌:第1821位(↑) > その他:第23位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

800円(税込)

送料無料

個数 

この雑誌の定期購読by Fujisan.co.jp

月刊エレクトーン

送料無料

1冊価格: 800円(税込)

定期購読なら全品ポイント3倍!

※別ページに移動します
※価格は変更される場合があります

Fujisan.co.jp

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    このページの先頭へ