楽天Kobo初めての方限定!条件達成で電子書籍購入がポイント50倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他
愛国という名の亡国(河出新書)[安田浩一]
  • Googleプレビュー

愛国という名の亡国 (河出新書)
安田 浩一

968(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2019年07月29日頃
  • 著者/編集:   安田 浩一
  • レーベル:   河出新書
  • 出版社:   河出書房新社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  304p
  • ISBN:  9784309631080

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
はじめてネトウヨと呼ばれる人々の実態をあきらかにした『ネットと愛国』から7年。ネトウヨ的な意見はいまや日本社会の主流となって、マイノリティや貧しい人々に襲いかかる。移民労働者、沖縄、在日コリアン、生活保護、ヘイトスピーチ被害者たち…さまざまなかたちであらわれる差別と排外主義の禍々しい現場に肉迫してきた著者が、数年にわたる取材を集成して問う、この国の「愛国」の悲惨な真実とその行方。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 愛国という亡国(朝鮮総連銃撃事件ー右翼とネトウヨの境界からのテロル/民衆とともにある「本物の右翼」はいるのか ほか)/第2章 移民を拒む移民国家(移民を拒む移民国家/国際交流の美名のもとでー川上村の教訓 ほか)/第3章 デマと愛国・沖縄編(デマと愛国・沖縄編/無自覚な沖縄差別の深層 ほか)/第4章 時のなかの生(本田靖春、「拗ね者」と自称したノンフィクション作家/笹川陽平、父・良一の七光りの影 ほか)/第5章 ヘイトの現在地(ヘイトの現在地ーあるタクシー会社社長が出した答え/ヘイトスピーチ包囲網 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
安田浩一(ヤスダコウイチ)
1964年生まれ。ジャーナリスト。日本社会に広がる差別と排外主義を告発し続けている。2012年『ネットと愛国ー在特会の「闇」を追いかけて』で講談社ノンフィクション賞と日本ジャーナリスト会議賞を、2015年「ルポ 外国人『隷属』労働者」(G2vol.17)で大宅壮一ノンフィクション賞雑誌部門賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    2. 2
      人新世の「資本論」
      人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    3. 3
      老いる意味
      老いる意味

      森村 誠一

      924円(税込)

    4. 4
      藤井聡太論 将棋の未来
      藤井聡太論 将棋の未来

      谷川 浩司

      990円(税込)

    5. 5
      生物はなぜ死ぬのか
      生物はなぜ死ぬのか

      小林 武彦

      990円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ