楽天ブックス  お買い物マラソン 条件達成でポイント3倍&200円OFFクーポン配布中!楽天ブックスエントリーはこちら

走る奴なんて馬鹿だと思ってた

1,430円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 走る奴なんて馬鹿だと思ってた 1,144円
紙書籍版 走る奴なんて馬鹿だと思ってた 1,430円

商品基本情報

  • 発売日:  2019年06月15日頃
  • 出版社:   山と溪谷社
  • ISBNコード:  9784635172011

商品説明

【内容情報】(出版社より)
雑誌『Tarzan』の人気連載が単行本に!

運動とはまったく無縁。
文化系&夜型生活を極めた作家・松久 淳が45歳にしてマラソンにハマッた。
なぜ人間は走るのか?
そこにイミはあるのか?
マラソンの本=ハウツーという常識を超えた!?
笑えるマラソンエッセイ、ここに誕生!

僕は松久 淳のことをよく知ったつもりでいたが、“馬鹿だと思ってた奴ほどよく走る”ことは知らなかった。--みうらじゅん

松久さん、僕が教えたら4時間切れますよ!--猫ひろし


45歳まで、文化系極まる生活を続け、たった100mも走れなかった作家が、
度重なる体調不良をきかっけに走ることに目覚め、
遂にはフルマラソンを完走するまでになった経緯を、
自虐あり・笑いあり・マジメな提案ありの文章で紹介するエッセイです。

この本はマラソンの「実用書」ではありません。
この本を読んでも、速くは走れないかもしれません。
でも、マラソンの楽しさや悲喜こもごもをじんわり味わったり、
走ってみようかなという気持ちにさせてくれます。

マラソンランナーはサブ3やサブ4のエリートばかりじゃない。
いつも後ろのほうでギリギリ完走でもいいんです。
そんな“遅いけど頑張るおじさんランナー”の背中をグイっと押してくれる1冊です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
雑誌『Tarzan』の人気連載が単行本に!運動とはまったく無縁。文化系&夜型生活を極めた作家・松久淳が45歳にしてマラソンにハマッた。なぜ人間は走るのか?そこにイミはあるのか?マラソンの本=ハウツーという常識を超えた!?笑えるマラソンエッセイここに誕生!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 紆余曲折のスタート(おっさんは路上をめざす/マニアに向いている運動/雨雲レーダーを追え/遠くへ行きたい/翼を剃ったエンジェル ほか)/2 そして1年後…(東京マラソンは遠く/勝手に完走フルマラソン/長いお休み/ダメ。ゼッタイ。/行くぜ横浜マラソン ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
松久淳(マツヒサアツシ)
1968年12月23日、東京都葛飾区生まれ。作家。2010年「第13回みうらじゅん賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(12件)

総合評価
 3.64

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと5

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ