本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 文庫 > 人文・思想・社会

増補 中国「反日」の源流 (ちくま学芸文庫 オー29-1)
岡本 隆司

1,320(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • 増補中国「反日」の源流(ちくま学芸文庫オー29-1)[岡本隆司]
  • +
  • 台湾総督府(ちくま学芸文庫コー48-1)[黄昭堂]
  • 増補 中国「反日」の源流 (ちくま学芸文庫 オー29-1)
  • 岡本 隆司

1,320円(税込)

在庫あり

1,320円(税込)

在庫あり

合計 2,640円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

「愛国」が「反日」と結びつく中国。この心情は何に由来するのか。近代史の大家が20世紀の日中関係を解き、中国の論理を描き切る。解説 五百旗頭薫

内容紹介(「BOOK」データベースより)

「愛国」が「反日」と結びつく不可解な国・中国。この構造は近世史・近代史の過程で形づくられた。1919年、北京の学生運動を皮切りに広がった五四運動は、現代に続くその出発点である。満洲事変をへて日中戦争へ向かうなかで、反日運動は「抗日戦争」と名を変えて最高潮に達した。本書は、日本・中国の近世史・近代史を政治・外交・経済・社会・思想にわたる全体史として描きだすことで、「反日」の原風景を復元し、ナショナリズムの核心にある「反日」感情の構造を解き明かす。古代から現代までの日中関係を俯瞰する論考を増補した決定版。

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 「近世」の日本と中国(東アジアの一八世紀/統治のしくみ/明から清へ/マクロな動向)/第2部 「近代」の幕開け(一九世紀をむかえて/西洋近代との邂逅/開港と開国/動乱の時代)/第3部 近代日中の相剋(近代日清関係の始動/日清対立の深化/「洋務」の時代/愛国反日の出発)/補論 日中関係を考えるー歴史からのアプローチ

著者情報(「BOOK」データベースより)

岡本隆司(オカモトタカシ)
1965年生まれ。現在、京都府立大学文学部教授。主な著書に、『近代中国と海関』『属国と自主のあいだ』(いずれも名古屋大学出版会、前者で大平正芳記念賞、後者でサントリー学芸賞を受賞)、『中国の誕生』(名古屋大学出版会、アジア・太平洋賞特別賞・樫山純三賞受賞)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと8

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】赤と青のガウン
      【入荷予約】赤と青のガウン

      彬子女王

      1,320円(税込)

    2. 2
      三河雑兵心得(14) 豊臣仁義
      三河雑兵心得(14) 豊臣仁義

      井原忠政

      748円(税込)

    3. 3
      【予約】コンビニ兄弟4
      【予約】コンビニ兄弟4

      町田 そのこ

      693円(税込)

    4. 4
      燕は戻ってこない
      燕は戻ってこない

      桐野 夏生

      1,100円(税込)

    5. 5
      新 本所おけら長屋(一)
      新 本所おけら長屋(一)

      畠山健二

      836円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ