アウトドア本フェア2022
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 法律 > 法律

東大法学部という洗脳 昭和20年8月15日の宮澤俊義
倉山満

1,540(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(1件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2019年06月
  • 著者/編集:   倉山満
  • 出版社:   ビジネス社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  238p
  • ISBN:  9784828421018

商品説明

内容紹介(出版社より)

昭和20年8月15日の宮澤俊義

日本国憲法の最大の虚構を暴く!
改憲派も護憲派も、宮澤俊義の呪縛の下にある
東大法学部の支配下にある全てのエリートへ
戦後レジームの脱却はこの本を読まずして不可能です!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

日本国憲法は、マッカーサーの押し付けであるが、それを実体化したのは宮澤俊義である。
彼は、占領軍の国際法違反の憲法改正を「革命」として捉え、日本国憲法の人権規定を錦の御旗として、戦後の民主主義の理論的支柱となった。
この男を研究することで、今も日本を支配するエリートたちの理論を解明することができる。
宮澤が支配した東京大学法学部は、今も日本の官僚エリートを輩出する総本山だが、その頭の中も宮澤の規定した三大説の枠の中にある。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

改憲派も護憲派も、宮澤の呪縛の下にある!!
この国のエリートの心の中を抉り出す
戦後日本解体の書!

序 章◎なぜ今、宮澤俊義なのか?
第一章◎宮澤俊義ってこんな人
第二章◎宮澤憲法学の呪い
第三章◎宮澤憲法学を理解する五つの論点

内容紹介(「BOOK」データベースより)

日本国憲法は、マッカーサーの押し付けであるが、それを実体化したのは宮澤俊義である。彼は、占領軍の国際法違反の憲法改正を「革命」として捉え、日本国憲法の人権規定を錦の御旗として、戦後の民主主義の理論的支柱となった。この男を研究することで、今も日本を支配するエリートたちの理論を解明することができる。宮澤が支配した東京大学法学部は、今も日本の官僚エリートを輩出する総本山だが、その頭の中も宮澤の規定した三大説の枠の中にある。

目次(「BOOK」データベースより)

はじめにーほら、宮澤俊義は生きている!/序章 なぜ今、宮澤俊義なのか?/第1章 宮澤俊義ってこんな人/第2章 宮澤憲法学の呪い/第3章 宮澤憲法学を理解する五つの論点/おわりにー宮澤俊義は不滅なのか?

著者情報(「BOOK」データベースより)

倉山満(クラヤマミツル)
1973年、香川県生まれ。憲政史研究家。中央大学文学部史学科国史学専攻卒業後、同大学院博士前期課程を修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務め、2015年まで日本国憲法を教える。現在、ブログ「倉山満の砦」やコンテンツ配信サービス「倉山塾」やインターネット番組「チャンネルくらら」などで積極的に言論活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー(1件)

  • ありがとうございます。
    takao6251
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2020年08月02日

    倉山満先生の本は、安易に書かれていて、素人でも読みやすいです。
    大変、勉強になります。
    ありがとうございます。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング(2022年05月26日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第3690位(↑) > 法律:第262位(↑) > 法律:第259位(↑)

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ