本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > ホビー・スポーツ・美術 > スポーツ > その他
  • 友情2平尾誠二を忘れない[山中伸弥]
  • 友情2平尾誠二を忘れない[山中伸弥]
友情2平尾誠二を忘れない[山中伸弥]
  • Googleプレビュー

友情2 平尾誠二を忘れない
山中 伸弥

1,540(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2019年05月24日頃
  • 著者/編集:   山中 伸弥
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  258p
  • ISBN:  9784065161449

商品説明

内容紹介(出版社より)

いまも聞こえる君の声に励まされ、勇気をもらって、僕はこうして生きているーー京都大学iPS研究所所長・山中伸弥氏の言葉です。山中氏をはじめとする15人の友が、天才ラガーマン・平尾誠二と過ごした人生の宝物のような日々、そして、いま平尾が語りかけてくることを綴ります。平尾誠二は、いまも人々の心の中で生きているのです。涙なしには読めない、喪失と再生の15の物語ーーなぜ君といると、あんなに楽しかったのだろう。そして、平尾誠二とワールドカップを見たかった‥‥。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

人生の宝物、天才・平尾誠二との日々。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 同志として、友として(平尾に追いつきたい(土田雅人)/せめて夢に出てきてくれたら(高崎利明)/なんで誠二がおらへんのやろ(大本博立)/いまも声が聞こえる(辻芳樹)/失敗を責めない、チャレンジを褒める(奥聡一郎))/第2章 平尾誠二は生きている(平尾がわたしを奮い立たせた(山口良治)/きちんと考え、選択することの大切さ(元木由記雄)/ありがとうございます。そう言いたかった(杉本慎治)/いつもぼくらを見守って居くれている(藤高之)/真似はしない。自分らしくやる(橋本大輝)/息子と本気で向き合ってくれた(渡辺真二))/第3章 父と子の友愛(親としての生き方を、父に問われている(大塚早紀)/好きな仕事ができるって、すばらしいな(平尾昂大))

著者情報(「BOOK」データベースより)

山中伸弥(ヤマナカシンヤ)
1962年、大阪市生まれ。神戸大学医学部卒業、大阪市立大学大学院医学研究科修了(博士)。米国グラッドストーン研究所博士研究員、京都大学再生医科学研究所教授などを経て、2010年4月から京都大学iPS細胞研究所所長。2012年、ノーベル生理学・医学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(20件)

総合評価
 4.05

ブックスのレビュー(3件)

  • 上司
    S・Tちゃん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年06月28日

    故・平尾誠二氏との交遊を、山中伸弥氏が綴った「友情」に続き、今回は平尾氏のチームメイトを始め、後輩や彼の周辺に居た人々が想い出を語っている。ラグビーに興味がない読者にも、平尾氏の素晴らしい人間性が伝わって来る名著。理想の上司とは、この人を指すのだろう。不覚にも何度か落涙。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    び〜じ〜さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年06月08日

    同年代のスーパースターでした。あらためて皆から愛されていたのが良くわかる本です。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    郵便車
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年05月29日

    本の注文から到着までスムーズにおこなわれ何も問題ありません。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2022年01月17日 - 2022年01月23日)

     :第-位( - ) > ホビー・スポーツ・美術:第4397位(↑) > スポーツ:第861位(↑) > その他:第371位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと7

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ