本屋大賞決定!
現在地
トップ >  > 新書 > 科学・医学・技術
ルポ人は科学が苦手アメリカ「科学不信」の現場から(光文社新書)[三井誠]
  • Googleプレビュー

ルポ 人は科学が苦手 アメリカ「科学不信」の現場から (光文社新書)
三井誠

924(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2019年05月22日頃
  • 著者/編集:   三井誠
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  248p
  • ISBN:  9784334044107

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
子どものころから科学が好きだった著者は、新聞社の科学記者として科学を伝える仕事をしてきた。そして二〇一五年、科学の新たな地平を切り開いてきたアメリカで、特派員として心躍る科学取材を始めた。米航空宇宙局(NASA)の宇宙開発など、科学技術の最先端に触れることはできたものの、そこで実感したのは、意外なほどに広がる「科学への不信」だった。「人は科学的に考えることがもともと苦手なのではないか」-。全米各地に取材に出かけ、人々の声に耳を傾けていくと、地球温暖化への根強い疑問や信仰に基づく進化論への反発の声があちこちで聞かれた。その背景に何があるのか。先進各国に共通する「科学と社会を巡る不協和音」という課題を描く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 自分が思うほど理性的ではない私たち(人は学ぶほど愚かになる?/科学のない時代に進化した脳/科学者の声を聞く必要はあるか)/第2章 米国で「反科学」は人気なのか(米国の科学不信の底流/トランプ政権の誕生と科学)/第3章 科学不信の現場(創造論/地球温暖化懐疑論)/第4章 科学をどう伝えるか(研究者はコミュニケーターではない/新しい伝え方を探る)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
三井誠(ミツイマコト)
1971年北海道小樽市生まれ。京都大学理学部卒業。読売新聞東京本社に入社後、金沢支局などを経て、1999年から東京本社科学部。生命科学や環境問題、科学技術政策などの取材を担当。2013〜14年、米カリフォルニア大学バークレー校ジャーナリズム大学院客員研究員(フルブライト奨学生)。15〜18年、米ワシントン特派員として大統領選挙や科学コミュニケーション、NASAの宇宙開発などを取材した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(14件)

総合評価
 4.23

ブックスのレビュー

  • 反科学の本音とは
    パパぱふぅ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年06月28日

    著者は、読売新聞の米ワシントン特派員として大統領選挙や科学コミュニケーション、NASAの宇宙開発などを取材した三井誠さん。トランプ大統領当選とアメリカの科学離れを取材し、その背景を探ろうとしている。
    本書は、人は科学的に考えるのがもともと苦手なのではないか。現代人には石器時代の心が宿っているのではないか、という疑問から始まる。
    三井さんはトランプ政権には批判的だ。進化論や地球温暖化会議派が力を付けてきたのはトランプ大統領の影響とし、オバマ前大統領の民主党政権と比較する。
    ただ、ここで紹介している進化論や地球温暖化に関わる論点が、やや「非科学的」と感じた。
    たとえば進化論を否定する創造説には、少なくとも2つの論点がある――世界誕生を6千年前としていること、それと進化説の否定である。前者については、地球上に37〜38億年前の生物の化石が発見されている。放射年代測定という絶対測定法だから、これを否定するのは容易ではない。
    一方、後者の進化説は仮説であり、まだ進化のメカニズムは明らかになっていない。ここに他の仮説を提示する「科学的余地」はある。
    地球温暖化については、世界の平均気温が上昇しているのは事実であるし、二酸化炭素濃度が上昇しているのも事実である。だがしかし、人類の活動によって二酸化炭素濃度が増えているという確証がない。そして、今回の温暖化はミランコビッチ・サイクルと関係ないという確証はあるだろうか。
    ユヴァル・ノア・ハラリ氏は『サピエンス全史』において、7万年前にアフリカ大陸を再出発したホモ・サピエンスは「認知革命」を起こし、チンパンジーなどの「群れ」とは比較にならない大規模な組織を統率できるようになったと書いている。これは、『世界神話学入門』で後藤明さんが紹介する「ローラシア型神話」にも通じる部分がある。
    すべての人類に石器時代の心が宿っているわけではなく、認知革命を達成する以前の種と、達成した後の種の混血しているのではないだろうか。
    終盤に、科学者のコミュニケーション能力を高める必要性が説かれている。この点には同意する。
    本書でも紹介のあったカール・セーガン氏が来日した際、高校生だった私はその講演を聞きにいった。あれから40年、科学技術の道を進んでくることができたのは、そうしたコミュニケーションのおかげである。今度は、私から後輩へバトンを渡さねばなるまい

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    minormajor
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2019年07月16日

    アメリカに何故トランプ大統領が誕生したか、少し理解できた様に思いました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    2. 2
      現代語訳 論語と算盤
      現代語訳 論語と算盤

      渋沢 栄一

      902円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】在宅ひとり死のススメ
      【入荷予約】在宅ひとり死のススメ

      上野 千鶴子

      880円(税込)

    4. 4
      コロナ脳
      コロナ脳

      小林 よしのり

      902円(税込)

    5. 5
      天使たちの課外活動7
      天使たちの課外活動7

      茅田 砂胡

      1,100円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ