秋のビジネス書フェア
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 哲学・思想 > 西洋哲学
新訳不安の概念(平凡社ライブラリー)[セーレン.キルケゴール]
  • Googleプレビュー

新訳 不安の概念 (平凡社ライブラリー)
セーレン.キルケゴール

1,980(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

個体的存在としての人間を定位するとき、罪、自由、信仰が不安の概念のうちに結びつく。ハイデガー、実存主義哲学に大きな影響を与えた思考の、デンマーク語原典からの新訳。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

十九世紀のコペンハーゲンを支配するヘーゲル哲学の抽象性・一般性を痛烈に批判、当時のキリスト教会の形式性に反発し、新たにしのび込まんとするニヒリズム思想に抗して、具体的な個体としての人間の生に立脚しつつ不安という概念を焦点化する。原罪、罪とその意識の問題を、個々の多様な経験に照らして、信仰と精神の自由の地点まで掘り下げる思考。

目次(「BOOK」データベースより)

緒論/第1章 原罪の前提としての不安/第2章 原罪の結果としての不安/第3章 罪意識を欠く罪の結果としての不安/第4章 罪の不安、あるいは個体における罪の結果としての不安/第5章 信仰による救いの手としての不安

著者情報(「BOOK」データベースより)

キルケゴール,セーレン(Kierkegaard,Soren)
1813-1855。デンマークの哲学者・思想家。コペンハーゲンの富裕な商家に生まれた。当時、デンマークで支配的だったキリスト教会の形式性と、ヘーゲルとヘーゲル学派の哲学の抽象性・一般性を痛烈に批判し、個体としての人間の生に立脚して思考した。その思考は、ハイデガーをはじめのちに実存主義とよばれる哲学者たちに巨大な影響を与えた

村上恭一(ムラカミキョウイチ)
1936年、愛媛県生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。専攻、近代西洋哲学。法政大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと4

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      大白蓮華 2021年 9月号
      電子書籍大白蓮華 2021年 9月号

      大白蓮華編集部

      188円(税込)

    2. 2
      反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
      電子書籍反応しない練習 あらゆる悩みが消えてい…

      草薙龍瞬

      715円(税込)

    3. 3
      会社がなくなる!
      電子書籍会社がなくなる!

      丹羽宇一郎

      759円(税込)

    4. 4
      論語と算盤
      電子書籍論語と算盤

      渋沢 栄一

      308円(税込)

    5. 5
      表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬
      電子書籍表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

      若林正恭

      790円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ