本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

こぎつね、わらわら 稲荷神のまんぷく飯 (SKYHIGH文庫)
松幸かほ

748(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

京都で小さな食事処を営む加ノ原秀尚。彼の店は稲荷神たちが集まる里と繋がっており、神様候補のチビ狐がわらわらやってくる。ある日、いなり寿司パーティー中に可愛い女の子・うーたんが現れて、しばらく一緒に暮らすことに。どこから来たのか一切話さないうーたんの空腹と心を満たすため、秀尚は腕によりをかけて料理をする。だが、そこに元同僚で仇敵の八木原までやってきてー!?大好評「こぎつね、わらわら」の続編、いよいよ登場♪

商品レビュー(7件)

総合評価
 4.33

ブックスのレビュー(3件)

  • (無題)
    五百藏 天音
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2022年11月16日

    うーたんがすごくかわいかった。
    うーたんなりに考えた末の家出。
    子育ってて難しんだなと感じながら
    サクサクと読み終わりました。
    面白かったです

    0人が参考になったと回答

  • 表紙買いですー。
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年06月29日

    待ってました続編、前回同様子狐軍団もふもふで可愛いし、うーたん最高、一気読みです次作も宜しくお願いします。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2019年06月10日

    続きが出ると思ってなくて、思いがけず嬉しかった。相変わらずお人よしの料理人「かのさん」と可愛いこぎつねたちや居酒屋常連の稲荷たちとのやり取りが楽しい。お買い物に出かけるための試験とか、いなり寿し専門店に突進するこぎつねとか、食材持ち込みでおつまみ要求する稲荷とか。
    今回の騒動の中心は「うーたん」と名乗る幼児姿の神様で、その正体は?ってストーリーなんだけど、前巻で悪役?だった八木原が絡んでくる。彼も反省しているし悪い人ではなかったんだよという180度転換で、「かの」も謝罪を受け入れてOKなんだけど、個人的には因果応報があってほしかった。八木原が「かの」のレシピを盗んだことに対する罰が何もないってのは納得しかねる。むしろ、「うーたん」に気に入られて運気上昇みたいな?え〜そんなんでいいのと思っちゃうので☆一つ減。
    番外編の「誕生日を祝おう」もよかった。普通、狐は誕生日の概念ないよね〜でも、こぎつねたちがバースデーパーティーなるものを知ってしまったら・・・というお話。
    次の巻も出るのかな?シリーズ化してほしい。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      たゆたえども沈まず
      たゆたえども沈まず

      原田 マハ

      825円(税込)

    2. 2
      ナースの卯月に視えるもの
      ナースの卯月に視えるもの

      秋谷 りんこ

      847円(税込)

    3. 3
      さぁ、新しいステージへ! 毎日、ふと思う 帆帆子の日記22
      さぁ、新しいステージへ! 毎日、ふと思…

      浅見帆帆子

      825円(税込)

    4. 4
      さらば故里よ 助太刀稼業(一)
      さらば故里よ 助太刀稼業(一)

      佐伯 泰英

      880円(税込)

    5. 5
      爆弾
      爆弾

      呉 勝浩

      1,067円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ