月人壮士(単行本)[澤田瞳子]
  • Googleプレビュー

月人壮士 (単行本)
澤田 瞳子

1,870円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 月人壮士 <電子書籍版 特典付き> 1,870円
紙書籍版 月人壮士 1,870円

商品基本情報

  • 発売日:  2019年06月07日頃
  • 著者/編集:   澤田 瞳子
  • レーベル:   単行本
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  312p
  • ISBNコード:  9784120051975

商品説明

【内容情報】(出版社より)
気鋭の歴史作家が描き出す、聖武天皇の真実!


'756年、大仏建立など熱心に仏教政策を推進した首(聖武)太上天皇が崩御する。道祖王を皇太子にとの遺詔が残されるも、その言に疑いを持った前左大臣・橘諸兄の命を受け、中臣継麻呂と道鏡は、密かに亡き先帝の真意を探る。しかし、ゆかりの人々が語るのは、母君との尋常ならざる関係や隔たった夫婦のありよう、御仏への傾倒、迷走する政……と、死してなお謎多き先帝のふるまいや孤独に沈む横顔ばかりでーー。


伊坂幸太郎、朝井リョウをはじめとする人気8作家による競作企画【螺旋プロジェクト】の1冊としても話題!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東大寺大仏の開眼供養から四年、仏教政策を推進した帝の宝算は尽きる。道祖王を皇太子にとの遺詔が残されるも、その言に疑いを持つ者がいた。前左大臣・橘諸兄の命を受けた中臣継麻呂と道鏡は、密かに亡き先帝の真意を探ることにー。聖武天皇の真実を探る物語。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
澤田瞳子(サワダトウコ)
1977年京都市生まれ。同志社大学文学部文化史学専攻卒業、同大学院博士課程前期修了。専門は奈良時代仏教制度及び、正倉院文書の研究。2010年『孤鷹の天』で小説家デビュー。同作により第17回中山義秀文学賞を最年少受賞。12年『満つる月の如し』で第2回本屋が選ぶ時代小説大賞ならびに翌年の第32回新田次郎文学賞を受賞。著書に『若冲』(第9回親鸞賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(9件)

総合評価
 3.43

ブックスのレビュー

  • 螺旋プロジェクト
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年09月23日

    天皇、政治、言葉遣いが難しいですが山と海見えています。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2020年01月13日 - 2020年01月19日)

     :第-位( - ) > 小説・エッセイ:第5586位(↑) > 日本の小説:第3818位(↑) > 著者名・さ行:第591位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと15

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,870円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      鬼滅の刃 片羽の蝶
      鬼滅の刃 片羽の蝶

      吾峠 呼世晴

      770円(税込)

    2. 2
      鬼滅の刃 しあわせの花
      鬼滅の刃 しあわせの花

      吾峠 呼世晴

      770円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】熱源
      【入荷予約】熱源

      川越 宗一

      2,035円(税込)

    4. 4
      ライオンのおやつ
      ライオンのおやつ

      小川 糸

      1,650円(税込)

    5. 5
      むかしむかしあるところに、死体がありました。
      むかしむかしあるところに、死体がありま…

      青柳碧人

      1,430円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ