ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • Googleプレビュー

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
ブレイディ みかこ

1,485(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品基本情報

  • 発売日:  2019年06月21日頃
  • 著者/編集:   ブレイディ みかこ
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  256p
  • ISBNコード:  9784103526810

商品説明

【内容情報】(出版社より)
大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽々と飛び越えていく。優等生の「ぼく」が通う元・底辺中学は、毎日が事件の連続。人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに悩むサッカー小僧。時には貧富の差でギスギスしたり、アイデンティティに悩んだり。世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の息子とパンクな母ちゃんの著者は、ともに考え悩み乗り越えていく。落涙必至の等身大ノンフィクション。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽く飛び越えていく。世界の縮図のような「元・底辺中学校」での日常を描く、落涙必至のノンフィクション。

関連特集

商品レビュー(688件)

総合評価
 4.46

ブックスのレビュー

  • (無題)
    アニメ55
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年06月03日

    「面白い本だから、読むといいよ。」と、息子と娘に言ったら、「知ってるよ。話題になってたから。」と、二人に言われました。あちゃ〜、知らなかったのは、私だけか。

    3人が参考になったと回答

  • (無題)
    ふじごん123
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年12月03日

    時間を作ってゆっくり読みたい。
    瑞々しい感性に触れないと新しい思いが生まれないと思う。表題( タイトル)に惹かれた。

    2人が参考になったと回答

  • (無題)
    kame3rd
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2020年05月31日

    一気に読んでしまったが、著者がイギリス在住だけあって「ポリティカル・コレクトネス」など、英語由来のカタカナ語が多く、スマホ片手に意味を調べながらの読書となった。
    印象に残ったのが、保守党の緊縮財政で教師がソーシャルワーカー化せざるを得ないイギリス教育社会の現状や、イギリス社会においては親子で、日本においては息子さんが人種差別にさらされる現実。悲しくなった。ただ、その中にあって、都度、きちんと親子で話し合いを持ち、向上的に現実に向き合う姿勢は日本社会には無いように感じ、そういう親子関係をうらやましく感じた。
    相手にレッテルを貼ると、貼られた相手は被害者同士団結し、結果として分断が進む…気を付けよう。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      異世界はスマートフォンとともに。22
      電子書籍異世界はスマートフォンとともに。22

      冬原パトラ

      1,320円(税込)

    2. 2
      転生したらスライムだった件 17
      電子書籍転生したらスライムだった件 17

      伏瀬

      1,100円(税込)

    3. 3
      半沢直樹 アルルカンと道化師
      電子書籍半沢直樹 アルルカンと道化師

      池井戸潤

      1,650円(税込)

    4. 4
      ヒポクラテスの憂鬱
      電子書籍ヒポクラテスの憂鬱

      中山七里

      748円(税込)

    5. 5
      ヒポクラテスの誓い
      電子書籍ヒポクラテスの誓い

      中山七里

      737円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ