旅仕舞新・酔いどれ小籐次(十四)(文春文庫)[佐伯泰英]
  • Googleプレビュー

旅仕舞 新・酔いどれ小籐次(十四) (文春文庫)
佐伯 泰英

788円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • 旅仕舞新・酔いどれ小籐次(十四)(文春文庫)[佐伯泰英]
  • +
  • 鑓騒ぎ新・酔いどれ小籐次(十五)(文春文庫)[佐伯泰英]
  • 旅仕舞 新・酔いどれ小籐次(十四) (文春文庫)
  • 佐伯 泰英

788円(税込)

在庫あり

788円(税込)

在庫あり

合計 1,576円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
文政8年冬。小籐次一家は、おしんの従妹のお鈴を伴って丹波篠山から江戸へと戻った。小籐次は不在の間にたまった界隈の研ぎ仕事に精を出す。

そんな折、十一代将軍家斉の念願だった日光社参が延期になった。凶作で治安が乱れたためだが、例幣使街道で凶悪な押込みを働いた杉宮の辰麿一味が江戸に潜り込んだとの情報が、秀次親分からもたらされた。そしてその探索に協力してほしいと小籐次にいう。

その直後、畳屋の隠居夫婦が惨殺された。隠居は殺される直前に居酒屋で謎の女と言葉を交わしていたらしい。続いて古筆屋が襲われ、こちらは大金も奪われ、一味の仕業と思われた。

調べの結果、辰麿一味は南町奉行所に恨みを持っているらしく、次なる標的は久慈屋とも想像できた。小籐次は久慈屋の危機を救うべく、辰麿一味と対決する。

緊迫の展開のシリーズ第14弾!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
文政8年冬。日光街道周辺で凶悪な押込みを働いていた杉宮の辰麿一味が江戸に潜り込んでおり、探索に協力してほしいと小籐次は乞われる。その直後、畳屋の隠居夫婦、続いて古筆屋一家が惨殺された。一味の真の目的を探るうち、小籐次は自分やその周辺が標的にされる可能性に気付く。久慈屋に迫る危機を小籐次は防げるのか?

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
佐伯泰英(サエキヤスヒデ)
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。「密命」シリーズを皮切りに次々と作品を発表して高い評価を受け、“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する。著書多数。2018年、菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

  • 小籐次の活躍が期待されます。
    ぶらり1957
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年07月11日

    盗賊がやってくるのを小籐次がどうやって防ぐかが楽しみで読みたいと思います。今月と来月も「新・酔いどれ小籐次」がでるので楽しみです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

788円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      危険なビーナス
      危険なビーナス

      東野 圭吾

      972円(税込)

    2. 2
      小説 天気の子
      小説 天気の子

      新海 誠

      648円(税込)

    3. 3
      後宮の烏 3
      後宮の烏 3

      白川 紺子

      658円(税込)

    4. 4
      あきない世傳 金と銀(七) 碧流篇
      あきない世傳 金と銀(七) 碧流篇

      高田郁

      648円(税込)

    5. 5
      アイネクライネナハトムジーク
      アイネクライネナハトムジーク

      伊坂幸太郎

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ