本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
【POD】常温核融合炉(金属結晶閉じ込め型核融合炉)[大山和男]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 物理学

【POD】常温核融合炉(金属結晶閉じ込め型核融合炉)
大山 和男

14,850円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2019年05月17日頃
  • 著者/編集:   大山 和男
  • 出版社:   大山パワー
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  243
  • ISBNコード:  9784991081200

商品説明

常温核融合炉が実用化されれば、人類はほとんど無尽蔵の安全なエネルギーを手にすることができます。常温核融合炉の燃料は安定原子の重水素で、生成されるのも安定元素のヘリウムです。原理的には放射線や放射性廃棄物が出図、メルトダウンも起こさない理想的な原子炉です。他の原子炉や核融合炉に対する利点は明らかで、地球温暖化対策の有力な手段です。
常温核融合の研究は、多くの情報の中から「常温核融合」と言えるものを選択することに始まります。本書には過去の実験の解説から始まり、常温核融合のメカニズムと理論を解明する過程が書かれています。著者はジグソーパズルを解くようにその解明に当たります。
常温核融合は金属の結晶構造によるチャネリング現象と、金属の導電性の性質による特殊な核融合環境により成り立っています。熱核融合炉がその形態から「磁場閉じ込め型核融合炉」と呼ばれますが、常温核融合炉はその形態から「金属結晶閉じ込め型核融合炉」と呼ぶべきものになります。最終的には常温核融合は原子物理学の100年前のわずかな間違いを修正することで、理論的な全ての説明がつくようになります。本誌に記載されたメカニズムと理論により、これまでの電解実験の過剰熱から核変換までの実験結果が全て説明できるようになります。常温核融合は「核変換反応」という結果が出るまでに「着火反応」、「燃焼反応」、「核変換反応」に類別される反応を経由します。
著者は、このうちの「燃焼反応」を利用する常温核融合炉を創案し、実際に実験炉を製作し、起動に成功しました。本誌にはこの実際の実験炉の形態及び実験経過が再現可能に詳細に書かれています。更に常温核融合実用炉製作の際の実施形態と課題を提示しています。
しかし、ここまで解明されても原子炉である以上、常温核融合炉の開発には放射線を扱う必要があり、私企業としての開発には制約が多くあります。そのために更なる開発には、国の熱核融合炉へ開発資源を集中している現状の見直しが必要だと考えています。著者としては、一日も早く常温核融合炉の実用炉を造りあげ、人類の未来がより明るく輝くものになるようにしていきたいと考えています。
■【POD本】に関するご注意■
こちらの商品は【プリントオンデマンド版】となります。ご注文頂き次第順次印刷・納品となりますのでご了承下さい。
過去に取り扱っている商品があった場合、当時の商品と印刷の品質・価格が異なる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

14,850円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ