[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
聞き手はいつあいづちを打つのかマレーシア語と日本語会話の対照研究[勝田順子]
  • Googleプレビュー

聞き手はいつあいづちを打つのか マレーシア語と日本語会話の対照研究
勝田 順子

5,830(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(5件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2019年05月17日頃
  • 著者/編集:   勝田 順子
  • 出版社:   大阪大学出版会
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  258p
  • ISBNコード:  9784872596120

商品説明

【内容情報】(出版社より)
日本語会話と会話・談話分析の研究が限られているマレーシア語会話において、主に聞き手の反応(あいづち、うなずき)の観点から、質・量的に対照分析を行った書。両会話における聞き手行動の特徴を踏まえた上で、マレーシア人と日本人の日本語接触場面会話の分析及びフォローアップ・インタビューも行い、日本語教育への応用も試みた。日本語の「ね」「さ」と似た機能を持つ談話小辞kanについての歴史言語学的考察も含む。
図表一覧
グロスに用いた略語
トランスクリプト(転写)に用いた記号
第1章 あいづち研究は何をもたらすか
第2章 研究I マレーシア語のスタンス・マーカーkanの意味拡張経路
第3章 研究II マレーシア語・日本語会話における聞き手の反応の対照分析
第4章 研究III マレーシア人日本語学習者と日本人の接触場面会話の分析
第5章 むすびに

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 あいづち研究は何をもたらすか(会話におけるあいづち研究の目的について/マレーシア語の概略 ほか)/第2章 研究1 マレーシア語のスタンス・マーカーkanの意味拡張経路(マレーシア語の日常会話に現れるkanとその意味・機能/先行研究 ほか)/第3章 研究2 マレーシア語・日本語会話における聞き手の反応の対照分析(会話の対照分析を行う目的/本書で用いる会話分析の術語および先行研究 ほか)/第4章 研究3 マレーシア人日本語学習者と日本人の接触場面会話の分析(接触場面会話研究の流れと本書の目的/マレーシア人留学生コミュニティの歴史 ほか)/第5章 むすびに(本書から明らかになったこと/今後の課題)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
勝田順子(カツダジュンコ)
三重県出身。2015年名古屋大学大学院博士後期課程満期退学。博士(学術)。大阪大学国際教育交流センター特任講師を経て、志學館大学人間関係学部准教授。専門分野は社会言語学、日本語教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ