総合診療医がケースで教える副作用を診るロジック[原田拓]
  • Googleプレビュー

総合診療医がケースで教える副作用を診るロジック
原田 拓

1位 総合診療・プライマリケア部門 楽天ブックス週間ランキング(2019年10月14日-2019年10月20日)ランキングを見る

3,520円(税込)送料無料

【消費税率変更】10月1日以降に出荷する商品は10%の消費税を適用させていただきます

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2019年06月15日
  • 著者/編集:   原田 拓森 玄
  • 出版社:   じほう
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  264p
  • ISBNコード:  9784840751865

よく一緒に購入されている商品

  • 総合診療医がケースで教える副作用を診るロジック[原田拓]
  • +
  • 処方箋の“なぜ”を病態から推論する病態がわかると服薬指導が変わる![宇高伸宜]
  • 総合診療医がケースで教える副作用を診るロジック
  • 原田 拓

3,520円(税込)

在庫あり

合計 7,260円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
●総合診療医の基本テクニックを盗め!
●副作用を診断する医師の思考過程を、薬学的視点でのぞく。

「浮腫」、「下痢」、「意識障害」、「嘔気・嘔吐」など15症例をもとに、総合診療医が臨床推論を行いながら診断に至る過程を知り、「症状から挙げられる鑑別疾患」→「副作用を診断するための除外診断」→「副作用の表現形態」を学ぶことによって、副作用に気づくことのできる知識を学べる1冊です。「commonな疾患の臨床像」や「薬物による副作用の典型的パターン」、「鑑別診断のリスト」を理解し用いることで、チーム医療で患者のマネジメントを共有することができます。また、医師×薬剤師によるクロストーク(座談会)も掲載しています。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
真似したい。総合診療医のテクニック。総合診療医はどのような手順で薬剤性の副作用を鑑別しているのか?副作用を診断する医師の思考過程を薬学的視点でのぞく!

【目次】(「BOOK」データベースより)
副作用を考えるための臨床推論はじめの一歩/浮腫ー全身性疾患を疑いつつ薬の可能性を考える/転倒ー薬剤性を含めた多因子を評価する/下痢ー5パターンから原因を絞り込む/食思不振・体重減少ー高齢者であれば積極的に薬剤性を疑おう/筋力低下ー持参薬からは副作用の可能性を考えにくい症例/意識障害ー低Na血症の多彩な原因を鑑別する/意識障害ーアプローチ方法を確立し、薬剤の可能性を常に考えよ!/関節痛ー膠原病の疑いから薬剤の可能性までをどう考えるか/嘔気・嘔吐ー服用開始・増量時期と症状発現との関連を探ろう〔ほか〕

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

3,520円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:医学・薬学・看護学・歯科学

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ