本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > 児童書 > 児童書(日本)
  • 月と珊瑚(文学の扉)[上條さなえ]
  • 月と珊瑚(文学の扉)[上條さなえ]
  • Googleプレビュー

月と珊瑚 (文学の扉)
上條 さなえ

1,540(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2019年07月11日頃
  • 著者/編集:   上條 さなえ
  • レーベル:   文学の扉
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  178p
  • ISBN:  9784065162224

よく一緒に購入されている商品

  • 月と珊瑚(文学の扉)[上條さなえ]
  • +
  • 飛ぶための百歩[ジュゼッペ・フェスタ]
  • 月と珊瑚 (文学の扉)
  • 上條 さなえ

1,540円(税込)

在庫あり

1,540円(税込)

在庫あり

合計 3,080円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介

主人公の名前は珊瑚。「沖縄はな、戦後、血と涙とさんごしょうの上にできた島といってもいいくらい、ひさんな戦争を経験したからよ。県民の四人に一人が死んでな。だから、『さんご』は、ぴったりと思ったんや。」祖母の言葉である。
 沖縄に暮らす子どもたちが、沖縄の悲しい歴史を知り、米軍基地と共に生活している現状に気づいて成長する様子が、珊瑚の日記の形で語られる。転校生の月へのあこがれ、自分の課題や未来への希望も素直な言葉で書かれている。

内容紹介(情報提供:絵本ナビ)



沖縄って独特の文化をもった地域なのだと思います。
綺麗な海、台風の影響を受けやすい、のんびりした感じ、どこか異国のような雰囲気。
恥ずかしながら大人の私さえもそんな印象ばかりでした。
でも米軍基地があり、琉球という国だった過去があり、歴史は深いのですよね。
そしてそこに代々住む方達の様々な想い。
沖縄を知ってみたいと思う方は手にとってみてください。(まゆみんみんさん 40代・兵庫県 女の子10歳)

【情報提供・絵本ナビ】

内容紹介(出版社より)

【対象:小学上級以上】「わたしは、六ねんせいになったので、べんきょうをがんばります。」ひらがなだらけの作文をばかにされたのをきっかけに日記をつけることにした沖縄の少女・珊瑚は、『ベルサイユのばら』の世界から抜け出したような月(るな)という転校生と仲良くなりたくてたまらない。珊瑚の日記を通じて、沖縄の子どもたちが感じていることのすべてが浮かび上がる。沖縄に移住した作者が贈る、新たな児童文学の可能性。


【対象:小学上級以上】
「わたしは、六ねんせいになったので、べんきょうをがんばります。」
ひらがなだらけの作文を、クラスメートに「あなた、ほんとに六年生?」ってばかにされた。私は、「勉強をしよう」って、本当にそう思った。まず、どうすればいい。そうだ、漢字を書けるようにしよう。日記だ。日記を書こう。これはちかいだーー。

勉強ができないことを恥ずかしいと感じ始めた少女・珊瑚のクラスに転校してきたのは、まるで『ベルサイユのばら』のオスカルのような、男の子か女の子かわからない月(るな)という子でした。
珊瑚の日記に描かれるのは、エイサーを舞う姿がかっこよかったり、ひいおばあちゃんが辺野古に座りこみに行ったり、耳をつんざくような戦闘機の轟音で機体の種類を当ててしまったり、その逆に轟音が聞こえると耳をふさいで動けなくなってしまったりする同級生たちの姿です。
珊瑚の「月と仲良くなりたいな」と思う日常を描いた、たどたどしい日記からは、沖縄の子どもたちが、いま、目にし、感じていることのすべてが浮かび上がってきます。
子どもの貧困、学力の差、沖縄文化の継承、そして米軍基地問題……。沖縄に移住した作者があたためてきたテーマが、いま花開きます。新たな児童文学の可能性がここにあります。
序章 わたしのちかい
第一章 はじめての日記
第二章 ただ今、勉強中!
第三章 鳥はだ体験
第四章 ネコパンチされた日
第五章 もう一人のオスカル
第六章 ママに会いたい日
第七章 ルリバーが話してくれたこと
第八章 てぃんさぐぬ花
第九章 沖縄の六月
第十章 おもいがけない出会い
第十一章 私のひいおばあちゃん
第十二章 月の告白
第十三章 月と珊瑚

内容紹介(「BOOK」データベースより)

沖縄生まれの少女、珊瑚の日記からは、『ベルサイユのばら』のオスカルのような転校生へのあこがれや、沖縄の文化を伝えつづける祖母との生活、軍用機の轟音におびえる同級生の姿や、自分と友だちの将来の夢…そんな日常があふれてきます。沖縄の「今」を、少女たちは生きています。

著者情報(「BOOK」データベースより)

上條さなえ(カミジョウサナエ)
1950年、東京都に生まれる。小学校教員を経て、1987年、毎日新聞社主催の“小さな童話”大賞で選者賞を受賞した『さんまマーチ』(国土社)で児童文学作家としてデビュー。作家生活の傍ら、埼玉県の児童館館長を11年間務めたほか、2002〜2006年、埼玉県教育委員会の教育委員、同委員長を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(14件)

総合評価
 3.62

ブックスのレビュー(1件)

  • ありがとうございます
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2020年06月09日

    課題図書ということで、子供が欲しいと言っていたので注文しました。学校で注文するより早く届けて頂き、こちらではポイントもあるので嬉しいです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと24

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      タッチペンで音が聞ける!はじめてずかん1000 英語つき
      タッチペンで音が聞ける!はじめてずかん…

      小学館

      4,928円(税込)

    2. 2
      【謝恩価格本】日本のお話
      【謝恩価格本】日本のお話

      いもとようこ

      1,512円(税込)

    3. 3
      【謝恩価格本】世界のお話
      【謝恩価格本】世界のお話

      いもとようこ

      1,512円(税込)

    4. 4
      プチ革命 言葉の森を育てよう
      プチ革命 言葉の森を育てよう

      ドリアン 助川

      990円(税込)

    5. 5
      ともだちはくまをさがせ! ふしぎな世界の旅
      ともだちはくまをさがせ! ふしぎな世界…

      さいきたむむ

      1,210円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ