本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 物理学
物理学講義統計力学入門[松下貢]
物理学講義統計力学入門[松下貢] 物理学講義統計力学入門[松下貢] 物理学講義統計力学入門[松下貢]
  • Googleプレビュー

物理学講義 統計力学入門
松下 貢

2,860(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2019年07月19日頃
  • 著者/編集:   松下 貢
  • 出版社:   裳華房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  232p
  • ISBN:  9784785322670

商品説明

内容紹介(出版社より)

教室で黒板を前に語りかけるような解説で、“丁寧でわかりやすい”と定評のある松下貢先生による「物理学講義シリーズ」の最終巻。
 本書は、微視的な世界と巨視的な世界をつなぐ統計力学とはどのように考える分野であるかを、はじめて学ぶ方になるべくわかりやすく解説することを目標にしたものである。
 まず最初に、サイコロを例に確率・統計の考え方について解説した後に、そこから自然と統計力学の考え方へと入っていくようなストーリーになっている。これは、サイコロ投げの背後にある基本的な規則性を浮き彫りにすることで統計力学の最も重要な前提となる原理を紹介し、そこから統計力学の骨組みを解説することが、他の分野との違いをはっきりと浮き上がらせることになり、一見遠回りのようでも、初学者にとっては理解の早道ではないかと思われるからである。
 「物理学講義」シリーズの掉尾を飾るに相応しい、松下先生渾身の一冊。

◆本書の特徴◆
・初学者が陥りやすい下記の(1)〜(3)に丁寧に対応しました。
(1) 与えられた状態(問題)に対して、何から手をつければよいのかがわからない。
 → 問題に対するアプローチの仕方(目の付け所)を解説しました。 
(2) アプローチの仕方がわかっても、どのアンサンブル(統計集団)を用いればよいのかがわからない。
 → どのアンサンブルを用いるのかを明示しました。
(3) 用いるアンサンブルがわかっても、途中で何を求めているのかがわからなくなる。
 → いまここでは何をしようとしていて、出てきた結果は何を意味しているのかを丁寧に解説しました。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

本書は、微視的な世界と巨視的な世界をつなぐ統計力学とはどのように考える分野であるかを、はじめて学ぶ方になるべくわかりやすく解説することを目標にしたものである。本書では、まず最初に、サイコロを例に確率・統計の考え方について解説した後に、そこから自然と統計力学の考え方へと入っていくようなストーリーになっている。

目次(「BOOK」データベースより)

1 サイコロの確率・統計/2 多粒子系の状態/3 熱平衡系の統計/4 統計力学の一般的な方法/5 統計力学の簡単な応用/6 量子統計力学入門/7 相転移の統計力学入門

著者情報(「BOOK」データベースより)

松下貢(マツシタミツグ)
1943年富山県出身。東京大学工学部物理工学科卒、同大学院理学系物理学博士課程修了。日本電子(株)開発部、東北大学電気通信研究所助手、中央大学理工学部助教授、教授を経て、同大学名誉教授。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ