現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ
夏なんてもういらない(中公文庫ぬ2-1)[額賀澪]
  • Googleプレビュー

夏なんてもういらない (中公文庫 ぬ2-1)
額賀 澪

858(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2019年07月23日頃
  • 著者/編集:   額賀 澪
  • レーベル:   中公文庫
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  384p
  • ISBN:  9784122067592
  • 注記:  『潮風エスケープ』改題書

よく一緒に購入されている商品

  • 夏なんてもういらない(中公文庫ぬ2-1)[額賀澪]
  • +
  • 四月になれば彼女は(文春文庫)[川村元気]
  • 夏なんてもういらない (中公文庫 ぬ2-1)
  • 額賀 澪

858円(税込)

在庫あり

748円(税込)

在庫あり

合計 1,606円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「私はあなたが好きです」


日本語の例文みたいな告白だった。彼に告白する言葉は、もっと別のものにするつもりだった。




十二年に一度の秘祭「潮祭」が開かれる夏。高校生の深冬は片想い相手の優弥とともに、彼の故郷・潮見島へ向かう。普通の大学生だと思っていた優弥は、皆から慕われる祭司という深冬の知らない顔を持っていた。そして島には、絶対にかなわない恋敵がいた。子供と大人、自由と伝統、恋と友情。見えない呪縛に囚われる少女がとった、すべてをぶち壊す選択とは?


この夏、最も心を揺さぶる青春小説。

『潮風エスケープ』を改題。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
十二年に一度の秘祭「潮祭」が開かれる夏。高校生の深冬は片想い相手の優弥とともに、彼の故郷・潮見島へ向かう。普通の大学生だと思っていた優弥は、皆から慕われる祭司という深冬の知らない顔を持っていた。そして島には、絶対にかなわない恋敵がいた。恋に、将来に囚われる少女がとった、全てをぶち壊す選択とは?

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
額賀澪(ヌカガミオ)
1990年、茨城県行方市生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒。2015年『屋上のウインドノーツ』で第二二回松本清張賞、『ヒトリコ』で第一六回小学館文庫小説賞を受賞。この二作で15年6月に同時デビューを果たし、話題を呼ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(5件)

総合評価
 4.25

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ