本屋大賞2020
世界のエリートが使っている「哲学」用語事典[小川仁志]
世界のエリートが使っている「哲学」用語事典[小川仁志] 世界のエリートが教養として身につける「哲学用語」事典[小川仁志]
  • Googleプレビュー

世界のエリートが教養として身につける「哲学用語」事典
小川 仁志

1,540円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 世界のエリートが教養として身につける「哲学用語」事典 770円
紙書籍版 世界のエリートが教養として身につける「哲学用語」事典 1,540円

商品基本情報

  • 発売日:  2019年08月23日頃
  • 著者/編集:   小川 仁志
  • 出版社:   SBクリエイティブ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  224p
  • ISBNコード:  9784815602628

商品説明

【内容情報】(出版社より)
米ハーバード、英オックスフォード…世界のエリート養成機関が学ぶ
哲学こそ世界最強のスキルである



最近、にわかに重要視されるようになってきた「哲学」。
なぜ重要視されるようになったきたか、理由は2つある。

1)世の中の潮流を見極めるため
AIをはじめとしたテクノロジー問題や、ポピュリズムをはじめとした社会問題など、現代の複雑な現象を読み解くために、哲学概念や哲学用語は欠かせないものとなっている。

2)仕事で使うため
論理的思考やプレゼンの展開、例えなど、ビジネスツールとして哲学を押さえていると、説得力が増す。
またまわりから一目置かれる存在になる。

そこで本書では、

「1考えるためのツール」論理的思考
「2世界を知るためのツール」政治経済・グローバル社会
「3未来を知るためのツール」近未来社会・テクノロジー
「4人を動かすためのツール」組織・人間関係

など、シーン別に役立つ哲学用語を解説していく。

マルクス・ガブリエルの新実在論、AI哲学から押さえておくべき基本の古典哲学まで。これからの人生を切り開く必須のキーコンセプトを網羅した一冊。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
答えのない問題に立ち向かうには、哲学こそ最強のスキルである。マルクス・ガブリエルの新実在論から古典哲学まで、ビジネスの現場で武器になる100のキーワード。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 考えるためのツール30-論理的思考・アイデア発想(ロゴスーヘラクレイトス/アリストテレス/イデアープラトン ほか)/2 世界を知るためのツール20-政治経済・グローバル社会(イデオロギーーマルクス/ポピュリズムーミュラー ほか)/3 未来を読むためのツール30-近未来社会・テクノロジー(エピステーメーーフーコー/構想力ーカント/三木清 ほか)/4 人を動かすためのツール20-組織・人間関係(問答法ーソクラテス/エートスーアリストテレス/ヴェーバー ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小川仁志(オガワヒトシ)
1970年、京都府生まれ。哲学者。山口大学国際総合科学部教授。博士(人間文化)。京都大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。退社後、4年半のフリーター生活を経て、名古屋市役所入庁。名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。徳山工業高等専門学校准教授、米プリンストン大学客員研究員等を経て現職。大学で新しいグローバル教育を牽引する傍ら、「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。また、企業向けの哲学研修は即満席になるほど人気を博している。専門は公共哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと7

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ