「この中にお医者さんいますか?」に皮膚科 医が……心にしみる皮膚の話
大塚篤司

1,320円(税込)送料無料

【消費税率変更】10月1日以降に出荷する商品は10%の消費税を適用させていただきます

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 「この中にお医者さんいますか?」に皮膚科医が……心にしみる皮膚の話 1,045円
紙書籍版 「この中にお医者さんいますか?」に皮膚科 1,320円

商品基本情報

  • 発売日:  2019年08月20日
  • 著者/編集:   大塚篤司
  • 出版社:   朝日新聞出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  192p
  • ISBNコード:  9784023318359

商品説明

【内容情報】(出版社より)
【自然科学/医学薬学】新幹線で「この中にお医者さんはいますか?」と呼ばれ、皮膚科医がとった行動は? なぜ大学病院は順番待ちが多いのか、がん免疫療法の解説など、京大医師によるAERAdot.連載をまとめた一冊。『神様のカルテ』の夏川草介氏が推薦。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 医者になってわかった医療の話(「この中にお医者さんはいますか?」こんなとき皮膚科医はどうしたらいい?/どうして病院の長い待ち時間は解消できないの? ほか)/第2章 皮膚科医になってわかった皮膚の話(先生、ニキビができない食事を教えてください/水虫とあくちと胴巻きと 病気と方言の不思議な関係 ほか)/第3章 医学博士になってわかった医学の話(筋肉増強剤の「ステロイド」と病院で処方される「ステロイド」の違いを知っていますか?/ステロイドは怖い薬なの?利用可能性ヒューリスティックの話 ほか)/第4章 患者になってわかった病気の話(子どもの頃患った喘息 入院生活が教えてくれたこと/毎晩7時半からの特訓 反抗期と父親の骨折 ほか)/第5章 まだなにもわからない 病気と心と死の話(「ニセ医学」を信じてしまった患者を救えない「正論」医療の現実/末期がんの患者さんに「先生、治りますか?」と聞かれたら ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大塚篤司(オオツカアツシ)
1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリヒ大学病院客員研究員を経て2017年から京都大学大学院特定准教授。皮膚科専門医。がん治療認定医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと7

1,320円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:医学・薬学・看護学・歯科学

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ