昏き目の暗殺者下(ハヤカワepi文庫)[マーガレット・アトウッド]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

昏き目の暗殺者 下 (ハヤカワepi文庫)
マーガレット・アトウッド

1,320円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 昏き目の暗殺者 下 1,320円
紙書籍版 昏き目の暗殺者 下 1,320円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ローラの死後出版され、彼女を伝説の作家としてまつり上げることになった小説『昏き目の暗殺者』-人目を忍んで逢引を続ける男女と、惑星ザイクロンの王政転覆を企む貴族に雇われた盲目の暗殺者のふたつの物語に隠された秘密とは?蜘蛛の巣のように絡み合う現在、過去、そして物語。「昏き目の暗殺者」とはいったい誰を意味するのか?現代文学の数多の技法を駆使し、虚構の神殿を紡ぎあげるアトウッド文学の総決算。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
アトウッド,マーガレット(Atwood,Margaret)
小説、詩、評論、児童書などさまざまな分野で精力的に活躍するカナダの代表的作家。1939年、カナダのオタワに生まれる。トロント大学を卒業。ハーバード大学大学院などで英文学を学んだ後、カナダ各地の大学で教鞭を執る。デビュー作の詩集The Circle Gameで1966年にカナダ総督文学賞を受賞。1969年に初の長篇小説『食べられる女』を発表。1985年に発表した『侍女の物語』(ハヤカワ文庫)は世界的ベストセラーとなり、アーサー・C・クラーク賞と二度目のカナダ総督文学賞を受賞した。1996年に『またの名をグレイス』でギラー賞、2000年には『昏き目の暗殺者』でブッカー賞およびハメット賞を受賞。トロント在住

鴻巣友季子(コウノスユキコ)
お茶の水女子大学大学院修士課程英文学専攻、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 4.33

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2020年03月30日 - 2020年04月05日)

     :第-位( - ) > 文庫:第5357位(↑) > 小説・エッセイ:第3658位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと17

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      感染症の世界史
      感染症の世界史

      石 弘之

      1,188円(税込)

    2. 2
      首都感染
      首都感染

      高嶋 哲夫

      1,045円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】泣くな研修医
      【入荷予約】泣くな研修医

      中山祐次郎

      693円(税込)

    4. 4
      逃げるな新人外科医
      逃げるな新人外科医

      中山祐次郎

      781円(税込)

    5. 5
      十二人の手紙
      十二人の手紙

      井上ひさし

      775円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ